埼玉県さいたま市大宮区にあるレストラン「緑亭」で久しぶりに食事をした。
緑亭は高校の同級生の家で運営しているnatural&organicを打ち出し、
有機栽培、無農薬の食材を使用し、
安全で本当においしい食事ができるレストラン。

緑亭外観

レストランの建物にも味があり、100年以上の歴史のある蔵を改装し、
物凄く雰囲気のいい空間で落ち着いて食事をすることができる。
あまりに心地が良いので、いつも長居をしてしまう。

自家製ラーメンは過去に埼玉のラーメンマップに掲載されたこともあり、絶品。
うどんもピザも美味で、メニューの中に外れはない。

その中でも最高なのが、ベーコン乗せライス。

ベーコン乗せライス

ご飯にベーコンが乗っているだけと思うことなかれ、
このベーコン一枚で丼飯一杯食べられる位の破壊力。
このベーコンを食べたら他のベーコンなんて、ベーコンじゃない。
写真のサイズが普通なのだが、
店員さんに頼むと大盛りバージョンも注文できるとか...。

週末の金・土・日なので、お店に行く際は注意してください。

彼女から面白い動画があると紹介されたのが
Jimmy Kimmel Live!のマット・デイモンのネタシリーズ。
本当に面白かったので、自分がいつでも見られるようにと思いこの記事を作成。

ジミー・キメルが毎番組終了時にその日の出演ゲストに感謝を述べた後、
「(この後出演する予定だった)マット・デイモンには申し訳ないが時間が来てしまった」
とコメントする定番のジョークがあり、毎回番組内でマット・デイモンをからかっている。

Jimmy Kimmel Live!にキメルの恋人で
コメディアンのサラ・シルバーマンがゲスト出演した時、
シルバーマンは「告白することがある」と言い、デイモンとノリノリで
"I'm fucking Matt Damon"(「私、マット・デイモンとヤッてるの」)
とデュエットするビデオクリップを流して評判となる。

I'm fucking Matt Damon

ちなみにその後の放送で、キメルは返歌として
"I'm fucking Ben Affleck"(「僕、ベン・アフレックとヤッてるんだ」)
というビデオクリップを流した。

I'm fucking Ben Affleck

ようやく本当のゲストとして番組に招かれたが、
登場した途端にやはり終了時間が来てしまい、スタッフロールの流れる中、
キメルに激怒してセットを出て行くマット・デイモン

ボーン・アルティメイタム」のパロディ予告編

オーシャンズ13」プレミアでレッドカーペットを歩く
マット・デイモン本人を取材のために呼び寄せたが、
やはり時間が来てしまいインタビュー終了

Jimmy Kimmel Live!の番組説明、動画の説明は
wikipediaを参考にしているので、
間違ってっても怒らないでね。

日本ボクシング界、今年一番のビックマッチである
榎洋之vs粟生隆寛の東洋太平洋・日本フェザー級ダブルタイトルマッチを
観戦しにJCBホールへ行ってきた。

この試合がJCBホールでのボクシング興行のこけら落としと、
ビックマッチということで、3,000枚のチケットは完売で当日券はなかった。

JCBホールはとても綺麗で、試合が始まるまではこの会場で
とても格闘技が行われるとは思えないぐらい洒落た会場だった。

やはり注目度の高さからか、会場には有名人も多数来場していた。
WBCフェザー級チャンピオンのホルヘ・リナレスが普通に歩ってたし、
WBCフライ級チャンピオンの内藤大助もいたし、
ハンドボール日本代表の宮﨑大輔(っぽい人)もいた。

ただ、個人的に嬉しかったのが、
リングサイドにあの横綱審議委員の格闘技大好き作家、
内舘牧子氏を確認できたことだった。
内舘氏は試合中、榎の応援をしていた幕内力士の豪風を発見すると、
すぐさま自分の所に挨拶に来させる大物っぷり。さすがだ。

試合は無敗の世界ランカー同士の試合ということもあり、終始緊張感のある戦い。
会場で観ていた限りでは、榎の左ジャブが粟生にヒットし続けてるように見え、
圧倒していると自分は感じていたが、結果は0-0のドロー判定。
会場では判定に納得いかなかったが、帰宅してから深夜のテレビ放送を見たら、
それ程、榎が押している風には見えず、ドロー判定は妥当と思えた。

しかし、会場で観た試合は緊張があり、喰らいつくように観ていたが、
深夜にテレビで見た同じ試合はとても退屈で動きのないつまらい試合だった。
これではボクシングを知らない人の興味を引くのは難しいと思う。

でも今回のようなビックマッチが続いていくことを期待しているし、
日本のボクシングの流れが変わるきかっけの試合であって欲しいと思う。

榎vs粟生ポスター JCBホール会場

今日仕事中に
「内線」を打ち間違えたら、「ナウい線」になっちゃった。
ただ、それだけ。

でも久しぶりに自分のことがかわいく思えた一瞬だった。
「ナウい線」ってどんな線かな?
知っている方がいましたら、ご一報ください。

先日の神楽坂の花見に行った時に、
待ち合わせの時間より早く着いてしまったので、
散歩がてら靖国神社まで行ってきた。
靖国神社に行くのは2回目で、前回は2年前の初詣。
ただ今回は初詣に行ったときよりも人手が多く、物凄く活気があった。

人ごみを掻き分け、やっとのことで英霊の御霊に参拝をし、自分の心も清める。
その後は靖国神社のグッズを購入。
前回の初詣の時に金色に輝くネクタイピンを購入し、
冠婚葬祭用の勝負ネクタイピンとして大活躍。
なので、今回はもう一色の銀色のネクタイピンを購入。
この色なら普段の時にも付けられるかなと思ったが、
やっぱり無理でしょという結論。
これも冠婚葬祭用にします。

今度はここで花見をしたいなと思わせてくれる位、
靖国神社の桜はとても綺麗だった。

靖国神社の桜 金と銀のネクタイピン

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Powered by Movable Type 4.1