90210

| | コメント(4) | トラックバック(0)

高校の英会話の授業の教材として用いられていたのが
ビバリーヒルズ高校白書」との出会いだった。

英会話の授業の先生の趣味が強く反映されていたのか、
第1回目の授業の内容が、
ディランが彼女にピルを勧めるという内容だった。

今思えば、絶対に確信犯でしょ、ポール先生!

で、最近のダ・ヴィンチ・コードのブームに便乗した形で、
販売されたのが、このTシャツ。

ビバリーヒルズT

最後の晩餐の登場人物がビバヒルの登場人物に置き換えられているデザイン。

あのドロドロとした人間関係を上手く表現していて、
見た瞬間に購入を決意する程のグッドデザインだった。

今秋から新たにビバリーヒルズ青春白書が
「ビバリーヒルズ90210」としてスタートするらしいので、
こちらも見逃せない。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 90210

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/65

コメント(4)

高校の英語の授業の教材が「ビバリーヒルズ高校白書」って!
…正直、普段はあまり感じたことのない世代の違いを感じました。。無念です。。

やっと気付いてくれましたか。
自分とムササビさんの間には越えられない世代の壁があるんですよ。
ビバリーヒルズ高校白書という。

英語の授業の教材なんて粋ですね。
私が知っているビバリーヒルズは大学生ヴァージョンからです。
高校時もドロドロなんでしょうね。
あと、ずっと疑問だったんですが90210って何の数字ですか?

秘密です。

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29