続現代社会の落とし穴

| | コメント(3) | トラックバック(0)

今日は暑かったのと、ダルかったので新幹線で帰宅。

デトロイト・メタル・シティ5巻
帰りの新幹線の中で読もうと、東京駅の本屋で購入。
席も確保し、読もうとしたのだが、
いつの間にか落ちてました。

そうしたら、おぼろげな意識の中に
「ユサッ、ユサッ」という音が聞こえてきた。
ハッと我に返ると、隣のオッサンの貧乏ゆすり。

不思議なもので、一度気になってしまうと、
あの音がもう頭から離れない。

耳を塞いでいても聞こえてきてしまう、
セイレーンの歌声のように、
オッサンの貧乏ゆすりの魔力に完全に襲われてしまった。

何で、ワーキングプアの自分が、
無理して高い金を払って、新幹線に乗っているのに、
こんな目に合わなきゃならないんだ!
と、福田政権に対する怒りをふつふつと感じていたら、
スライムがキングスライムに合体するかのように、
オッサンの動きに変化が。

「カタカタカタカタカタ」

何だか激しくビートを刻んでいる。
「えっ」と思って、オッサンの方を見ると、
もはや貧乏ゆすりではなく、
何とタップダンスの足の動きになっていた。

ありえないでしょう
と思った瞬間、ある光景が脳裏に浮かんだ。

----- ここから空想 -----

今週末に、このおっさんの娘さんの結婚式があり、
口下手なこのおっさんは新郎新婦に言葉ではなく、
タップダンスを贈っている・・・。

----- ここまで空想 -----

新幹線の中で無意識のうちに練習をしていた、
何て娘思いのオッサンなんだ。
と、思わず涙が頬を伝った。

なわけねーじゃん。

自分がその娘なら、
結婚式にタップダンスなんてしようとしたら、
聖火リレーの聖火を守ってる、
青い服を着た中国人部隊ぐらいの必死さで阻止するね。

でもこのオッサン、ゴミのペットボトルは
ちゃんと持ち帰ってました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 続現代社会の落とし穴

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/73

コメント(3)

「ズボンの内側にてんとう虫が張り付いていたから、タンタカバタバタしながらズリ落として
ズボンの裾から出そうとしていた可哀想な人。。」の可能性はありませんか。。?

実は、生身の人間ではなく、おっさん型サイボーグで、充電してたのでは…?
題して、「僕の隣はサイボーグ」

>ムササビさん
なるほど、テントウ虫でしたか。
まぁ、何が原因であろうと、あいつだけは許せないです。

>えびせんさん
隣が、もこみち君なら、うっとり見とれてたね。

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29