2008年7月アーカイブ

凄い久しぶりに発売日にゲームを購入した。
購入したのは「リズム天国ゴールド」。

こんなことは「FINAL FANTASY 12」以来かな。

最近はニンテンドーDSも放置プレイ中だったので、
久しぶりに動かしてやろうという親心。

前作の「リズム天国」はGAMEBOYのソフトだったので購入を見送ったが、
ゲームセンターでリズム天国のゲームがあり、
結構楽しむ事ができたので、今回の発売を知り、
楽しみにしていた。

新橋のヤマダ電機で購入したのだが、
帰り際にポイントのスロットマシーンに挑戦したら、
ヤマダ電機の汚い蛙の化け物みたいなマスコットが3つ揃い、
500ポイントゲット!という嬉しい出来事が。

この事があまりに嬉しく、もうお腹いっぱい。

なので、まだゲームの封を開けてもいません。

リズム天国ゴールド
バルセロナ100周年ユニフォーム

1999年にクラブ創設100周年を迎えたバルサの記念ユニフォーム。
このシーズンはこの奇抜なデザインのユニフォームで戦っていた。

当時の自分は金がなかったこともあるが、
好きなチームのユニフォームでも買うことはなかった。

しかし、このユニフォームを見た瞬間、まさにビビッときて即購入を決意した。
が、当時はまだネットショップ等もあまりなく、
地元も田舎なので、こんなハイカラなものは売っていなく、
頼りはサッカー雑誌の通販コーナーのみだった。

ただ、サイズの不安があったので実際に試着したい思いが強く、
唯一場所を知っている店のワールド・スポーツ・プラザ
-ここでよくNBAグッズを買っていたので知っていた-
を目指し渋谷まで上京。
LとXLを試着し、Lを購入。

このユニを購入できた喜びは相当なもので、
どれぐらい嬉しかったかというと、
店のレジで会計を済ませた後に店員にタグを切ってもらい、
その場でユニを着て、店員の失笑をかいつつ、店を後にし、
そのまま地元まで帰れたくらい嬉しかった。

まあ、若さゆえの勢いというか、過ちというか、はたまた両方か。
でも今じゃ間違いなくできま千円。

自分の中でバルサのホームユニフォームで
このデザインを越えるものは出ていないので、
ホームはこれしか持っていない。
毎年青とエンジの縦縞であまりデザインも変わらないし。

でもアウェーユニは奇抜なのが多く、
金とか銀とか黄色とかで毎年大きく変わるので、
アウェーを毎年買うようにしている。

今後、紹介していきます。

大宮の緑亭を訪れた時の帰りに
元気のない店員さんのお兄さんから頂いたのが地ビール「COEDO」。

coedoビール

 

以前、ニュース番組でモンド・セレクション特別金賞授賞!
と、特集しているのを見てから、気にはなっていた。

このビールを作っている蔵が川越にあるということで、
同じ埼玉県に住む者にとっては親近感が湧き、
一度蔵を訪れてみたいと思っていたところ、
偶然飲む機会に恵まれた。
ありがとう、元気のない店員のお兄さん。

実際飲んでみると、かなりフルーティーな味わいで、
例えがあっているかわからないけど、
青島ビールをもっと濃く、そして上品にした感じ。
ごめんなさい、全然違うかも。
そこは色弱ってことで許して。

もし、このビールの生があったら最高だろうな。
蔵に行けば飲めるのであれば、
喜んで川越まで電車で行きます。

でも、モンド・セレクションって何なんだろう。
名前は凄そうなんだけど、実態がイマイチわからない。

だってあいすまんじゅうが10年位連続で授賞してるんだよね。
確かに絶品だけど、外国人にあの味わいがわかるのかね。
不思議なものです。

アイスまんじゅう

こんなに観たいと強く思った映画は久しぶりだった。

M・ナイト・シャマラン監督の最新作は
そんな期待を持ちながら劇場に足を運んだ。

M・ナイト・シャマラン監督には
「シックス・センス」で驚かされ、
「アンブレイカブル」で落胆させられ、
「サイン」で笑わされ、
「ヴィレッジ」で感心させられ、
「レディ・イン・ザ・ウォーター」であまりに普通の話に驚かされた。

最近のM・ナイト・シャマラン監督は興行的に失敗が続いているので、
今回のハプニングは、なかなか配給先が決まらずに
どうにか20th century foxに拾ってもらったというようなニュースや、
公開するためにアンタッチャブルだった
M・ナイト・シャマラン監督の脚本にスタジオの手が入るのでは
というニュースを耳にしていたので心配していたが、
予告を見たらそんな心配は一気に吹き飛んだ。

タイトルがハプニングなだけに、
色々な意味でハプニングだった。

何と言ってもオチがないのが一番のハプニング。
物語の前半は良かったのだが、
後半はう~んという展開のオンパレード。

話もパニックものなのか、ホラーなのか、
中途半端な内容。
唯一、ラブストーリーとして見れば成立するのかなっていう感じ。

これなら最近観たミストの方が良かった。
内容も何となく似ているし。

予告が凄かったので、落胆の度合いが激しい残念な映画になってしまった。
M・ナイト・シャマラン監督は次があるのかな?

でも一番のハプニングは、
劇場で違う人の席に座っていた事だった。

ハプニングのパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

三谷幸喜監督、佐藤浩市主演の「ザ・マジックアワー」を観てきた。

三谷作品は前回の「有頂天ホテル」に続いて2回目の鑑賞で、
前作同様、楽しむ事ができた。

あらすじとしては、
伝説の殺し屋「デラ富樫」を西田敏行の前に連れてこないと
殺されてしまう妻夫木君が、
三流役者の佐藤浩市をギャング映画の撮影と騙して
「デラ富樫」を演じさせるというもの。

前回の「有頂天ホテル」よりは落ち着いた内容だが
三谷節は健在。
脚本が素晴らしいから、かなり無茶な設定なのに
すんなり観る事ができた。
何よりよかったのが川平慈英が出ていなかったこと。
それだけでポイントアップです。

佐藤浩市と西田敏行の演技が印象深く、
映画を観ながら、
佐藤浩市のような歳の取り方をしたいと
改めて思った自分であった。

久しぶりに何も考えずに笑える、
そんな映画だった。

ザ・マジックアワーのパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

今日で「うちわ祭り」も最終日。
終わってしまえばこの3日間も早いものです。

今日のメインはお祭り広場で行われる
曳っ合わせ叩き合いと年番送り。
まあ、これが「うちわ祭り」のメインだよね。

今日は平日なのと、物凄く蒸し暑かったので、
昨日よりは人出が少なく感じられた。

でも、曳っ合わせ叩き合いと年番送りが行われる
お祭り広場は凄い人・人・人。
ただでさえ暑いのに、これだけ人がいるともう大変。
うちわで扇いでいないと気が狂いそうになります。
これだけの不快な思いをしても、
曳っ合わせ叩き合いと年番送りは見る価値があると思う。

曳っ合わせ叩き合い 曳っ合わせ叩き合

今年も無事、年番送りが終わり、
「うちわ祭り」も無事終了。

これが明日になってしまえば、
「祭りの後」で今日の喧騒が嘘のように
いつもの何の取り柄もない町に戻ってしまう。
それが残念だけど、年に1回だけだからいいんだよね、祭りって。

また来年。

今日は「うちわ祭り」2日目の巡行祭。
街中を走る国道17号を13時から21時まで歩行者天国にし、
歩行者天国の国道の端から端までを山車と屋台が進んで行く。
そんなお祭り。

巡行祭の様子 巡行祭の様子

祭りに何の関係もないトラックの運ちゃんには
迷惑この上ないイベントだろう。
自分も昔、この祭りの日に家から10分ぐらいの所まで
車で出掛けたら、歩行者天国にぶち当たり、
家まで帰るのに2時間ぐらいかかった事があった。

今日は祝日で気候もそれ程暑くもなく、
過ごしやすかったので、人出が凄かった。
ただ残念だったのが、毎年歩行者天国になると必ずヤンキー集団が
うんこ座りをしているのに今年はお目にかかれなかった。
集合場所が変わったのかな。

今日の巡行祭の昼間が
全部の山車と屋台を見るのには持って来いだと思う。
昼間はそれ程人も多くないし、
国道で待っていれば、全部通過していくので、
明日の叩き合いよりは落ち着いて見れる。

さあ、明日は最終日。

今日から地元のお祭りの「うちわ祭り」。
20日から22日までの3日間行われる。

祭り中は各町内の12台の山車と屋台が熊谷の中心部を回り、
各町内のお囃子が街中に響き渡る。

3日間ある日程の中で、今日が一番地味。
歩行者天国はないわ、夜店も出ないわで少し寂しい。

と、思っていたら、
何年前から駅前に全ての山車と屋台が集合する
いかにも観光客向けのイベントを開催している。

駅前の集合した山車と屋台

多分この写真を撮りに行かなければ、
この催しには暫く気付かなかったんだろうな。

でも、本番は明日からなんだな。

高城神社の前を通る本三四

記念すべき初めて購入したステレスタンブラーがこれ。

ステンレスタンブラー白青

白×青の清潔感あるデザインがまさに自分にぴったり。
が、なぜか周りの評判はすこぶる悪い。
雪印の牛乳みたい、
クーピーを思い出す等、
色々な褒め言葉を頂いたものだ。

しかし、青好きの自分にとっては
お気に入りのタンブラーなんだなも。

でも、このステタンはキャップの部分に不具合があるらしく、
中身が漏れる被害が多数報告されているらしい。
なので、怖くてまだ使ってないんだよね。

タイミングがいいのか、悪いのか、
今週の水曜にこれとまったく同じものが再発されたみたい。
さらに、グランデサイズも発売されたらしい。
できればグランデが欲しかったけど、
1年以上は待てなかったよ。

不思議の国のアリスオズの魔法使い等で有名な
大日本絵画の仕掛け絵本シリーズに
スター・ウォーズが出ると聞いて、速攻で飛び付いた。

スター・ウォーズポップアップ銀河ガイド

スター・ウォーズ公開30周年の記念に作られたようで、
情報を入手するのが遅れ、
ネットで探したのだが時既に遅く全滅。
もうダメかと諦めかけていたが、
地元の本屋に行ったら普通に売っていて
無事?購入することができた。
熊谷に住んでいてよかったと思える数少ない瞬間だった。

これだけ苦労して購入したのだが、
中身を見たらかなりがっかり。
そりゃ絵本だから30オーバーのおっさんが
楽しめる内容ではないですよね。

飛び出たダース・ヴェイダー

でも仕掛けは見事で
お馴染みのキャラクターが飛び出てくると、
「おおっ」と唸ってしまった。

この仕掛け絵本のシリーズはとても出来が良く、
不思議の国のアリスのトランプの国や
オズの魔法使いのエメラルドの都は感動間違いなしですよ。

最近はナルニア国物語も出ていて、こちらも凄かった。

とにかく全部集めたくなるそんな絵本です。

1  2  3

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Powered by Movable Type 4.1