ヒート

公開当時の宣伝文句は、「映画史に残る12分間の銃撃戦」。
が、実際は半分の6分ぐらいだったようだ。
マイケル・マン監督、ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ共演が大注目された超大作。

二人の共演シーンは微妙なカット割りが多く、
実は合成じゃないかと当時は騒がれていたように記憶している。

この映画を劇場で観ていて、最初に書いた銃撃戦のシーンが近づいてくると、
自分の胸の鼓動が速くなっているのがはっきりとわかる程興奮していた。

ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノは確かに素晴らしいが、
この映画で一番輝いて見えたのはヴァル・キルマー。
金髪のロン毛がとても綺麗で、演じた役もかっこよく、
「ああ、俺もいつかはヴァル・キルマー」と思い描いたものだった。

が、13年経った今ならはっきり言える、
ヴァル・キルマーみたいにはなれなかったよ。
どこで間違ったのか、それとも最初から間違っていたのかはわからないが、
とにかくダメだったみたい。

ヴァル・キルマーもこの後は「D.N.A」や「セイント」などで失敗し、
今はほとんど見掛けなくなってるしね。

因みに、「ヒート」のDVD版が念願叶って再発。
どうせすぐなくなるだろうから、
お早めにウォンチュウしといた方がいいんだなも。

ヒートパンフレット ヒートDVD

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ヒート

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/74

コメント(3)

私も金髪をなびかせて銃を乱射していたヴァル・キルマーがピカイチだったと思います!
あれから13年もたったのですねぇ。ヴァル・キルマーとまではいかなくても「ぱる・きるま~」くらいには成長したのでは..

ギャング映画の銃撃戦が苦手で当時は見れなかったです…。
でも、やっと自分もアンタッチャブルが見れる大人になれたので、
HEATもチャレンジしてみようかと思います。

>ムササビさん
「ぱる・きるま~」にもなれずに、ハゲへまっしぐらですよ。
でもHEATはいいですね。DVDを即買いしたのは久しぶりです。

>えびせんさん
HEATはいいですよ。
アンタッチャブルが子供の映画に見えるぐらい、漢の映画です。
ぜひチャレンジを。

コメントする

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31