幸せの1ページ

ジョディー・フォスター、ジェラルド・バトラー主演の
「幸せの1ページ」を観てきた。

日本だとジョディー・フォスターが主演扱いになっているけど、
タイトルロールはアビゲイル・ブレスリン。
原題も「NIM'S ISLAND」。
NIMはアビゲイル・ブレスリンが演じた少女の名前。

要するに日本の配給会社にいいように
宣伝内容を書き換えられてるんだよね。

ストーリーは、
無人島に父と二人で暮らすNIMから、
ジョディー・フォスター演じる作家に
NIMから父親が行方不明になったから助けて欲しいと頼まれ、
助けに行く話。

まあ、冒険、コメディ、恋愛が全て中途半端に混ざり合い、
それぞれが足を引っ張りあっているような話。
さらに大人向けなのか、子供向けなのかも定まっていない。

正直、
「この映画を観るために今まで生きてきた」
「三度も飯よりジョディー・フォスターが好き」
とかいう人じゃない限り、
別に観なくても大丈夫な映画です。

幸せの1ページのパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 幸せの1ページ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/135

コメント(4)

お久しぶりです★
この映画は、アビゲイルたんの「リトル・ミス・サンシャインの頃よりこんなに大きくなりました」という報告だと思います。
ジャ○パーとかネ○ストよりは、いいと思います。

「リトル・ミス・サンシャイン」はいい映画ですよね。
今言えるのはそれだけです。
暴言しか出てこなそうで。

宣伝で知って、観てみようかと思っていたんです。。
危なかったです。aznablieさんのお陰でまた命拾いしました。ありがとうございます。

えびせんさん>
アビゲイルたんの成長記録だと思えば、観れないこともない映画なんですね。。
「リトル・ミス・サンシャイン」は同感。感動しましたよねぇ。。

ムササビさんが見たら大変な事になりますよ。
とにかく酷い内容でした。

コメントする

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31