007/慰めの報酬

前作「カジノロワイヤル」の1時間後から始まる
「007/慰めの報酬」。

オープニングから何のアナウンスも無く、
物凄いカーチェイスで開始し、
ラストの殴り合いまで目が離せない展開が続いた。

ジェームス・ボンド役は
前作に引き続き、ダニエル・クレイグ。

彼がボンドを演じる前作から
ストーリーがシリアスで、
ハードボイルド路線に変更されている。

多分この人が演じているボンドが
歴代のボンドの中で、一番簡単に人を殺していると思う。
最早、スパイというよりは、
殺し屋といった方が適切な気がする。

前作「カジノロワイヤル」の上映時間が2時間半くらい。
今作「慰めの報酬」の上映時間が1時間45分。
オープニングでMGMのライオンが2回吼えているのだから
せめて大作らしく、
上映時間2時間以上にして欲しかった。

こんなことも踏まえて、
「慰めの報酬」も良かったけど、
「カジノロワイヤル」の方が個人的には好きだな。

前作からの因縁に
決着をつけたといえばつけたし、
決着をつけてないといえばつけていない。
次回作はまだこの組織との戦いなのか、
それとも新しい敵が出てくるのか。
分かるのは3年後くらいかな。

「007/慰めの報酬」のパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 007/慰めの報酬

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/246

コメント(2)

ダニエル・クレイグのボンドはまだ観たことないのですが、
確かにスパイっていうイメージと違いますよね。
刑務所からの脱獄ものとか似合っちゃいそう。。

007以外にも当てはまりますが、
銃弾って主人公には当たらないものですよね。
「カジノロワイヤル」はムササビさんも気に入ると思いますよ。

コメントする

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31