東マラへの道20

| | コメント(4) | トラックバック(0)

●東京マラソンを振り返って-スタートから銀座まで-

東京マラソンのスタート場所、
都庁前は人・人・人で溢れていて、
着替え → 荷物預け → スタートエリアへ集合という
普段であれば15分位で終わるようなことも
実際には30分以上も要した。

ただ会場全体の雰囲気はとても楽しく、
スタートエリアに入ってから
スタートまで30分以上待ったけど、
長く感じる事もなく、変な高揚感に包まれていた。

自分のいたJエリアは後方のため、
スタート地点で何をやっているのかはわからないけど、
歓声が聞こえてきては周りの人たちと盛り上がっていた。

スタートエリアJの様子

9時10分に号砲が聞こえ、先頭がスタートしたようで、
その後、ゆっくりと歩き出し、
自分がスタートゲートを越えたのは
約10分後の9時20分頃だったと思う。

スタート地点に到達 石原慎太郎都知事

練習では一人で走っていたので
周りに人が溢れている状況で走るのは初めてだったので、
新鮮な気分で楽しく、
更には沿道で音楽の演奏などもあり
走りながら「何て楽しいのだろう」と思いながら
走る事ができた。

スタート直後の新宿

スタート後は順調で
5km地点の飯田橋にMさん(@鉄子)が
応援してくれている地点を目指し走り続けた。

が、ここでトラブルが発生し、
・近くを走っていたオッサンが走りながら前のめりに倒れ大混乱
・5km地点が初めての給水地点のため、ランナーで大混乱
・自分がMさんが応援している場所を勘違いしていた
という事が重なり、まさかの通過となってしまった。

本当の原因は3つ目の自分の勘違いです。
Mさん本当に申し訳ありませんでした。

その後は皇居を通過する際に
アニマル浜口を発見したり、
日比谷公園を通過する際には
10kmでゴールしているランナーに
羨望の眼差しを向けたり、
職場の前の通過したりして順調に走り続けた。

皇居辺り

13km地点でトイレ休憩のため
行列に並ぶなどして5分位のロス。
その後コースに復帰したけど、
一度休んだせいか、股関節に違和感を感じるようになった。

しかしこの違和感も走り続けていると消え、
東京タワーを眺めながら折り返し地点を目指し、
松村邦弘が倒れた地点も通過し、無事折り返し。

東京タワー 折り返し地点

折り返し後は本当に順調に20km地点まで行ったが、
中間地点の手前辺りで激しい雨に遭遇。
JRの高架下で雨用の装備を整え、再出発。

高架下で雨具の装備

数寄屋橋近くで応援してくれていた
Hさん(@あと少しでアル中)の激励を受けて
銀座に突入していった。
Hさん、雨の中ありがとうございました。

本当にここまでは順調で楽しく走る事ができた。

だが、この先の銀座から地獄が待っていた・・・。

銀座に突入

(あと2回続く)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 東マラへの道20

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/295

コメント(4)

…スタートの光景はテレビで観てても大盛り上がりでしたよ!
その場に居合わせたら、さぞかし。。

んっ?これからが地獄。。?
…山田さんが着けてた7色のアフロのカツラが飛ばされたとか?ww

本当にアフロのカツラくらいはつければ良かったです。
もしまた参加する機会があったら、今度は何かしらのコスプレをします。

ガンダムか魁!クロマティ高校のメカ沢のコスプレでお願いします。

そうですね、やはりふなきさんの影響が強いので、
ガンダム系がいいです。

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29