ワルキューレ

ブライアン・シンガー監督(生で見たことあり!)、
トム・クルーズ主演の「ワルキューレ」を観てきた。

ストーリーは
第二次世界大戦時のドイツ。
「ヒトラーの独裁を野放しにはできない」と
ドイツ軍内部の反ヒトラー勢力が立ち上がった。
シュタウフェンベルク大佐を中心に
ヒトラー暗殺のための作戦が実行された・・・。

脇を固める俳優も豪華で、
ケネス・ブラナーやビル・ナイといった
演技派が独特の存在感を出していた。

ただ、主演がトム・クルーズではない方が
良かったのではと、個人的は感じた。

あと、ドイツが舞台で主人公もドイツ人なのに、
全編ほぼ英語で展開されていくのは
流石はハリウッドってな感じだった。

結末が知られている話を
ここまでサスペンスとして盛り上げたストーリーにした
ブライアン・シンガーは流石というしかない。

「ワルキューレ」のパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ワルキューレ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/300

コメント(2)

「ワルキューレ」ってブライアン・シンガー監督だったのですね!
…もう一度、低予算時代に戻って、アイデアで勝負な作品も作ってほしいなぁ。。
…「マトリックス」のウォシャウスキー兄弟にも。。

そうですよね。
最近はビックムービーしか撮ってないですよね。
ウォシャウスキー兄弟は「スピードレーサー」で死亡しましたからね。
ブライアン・シンガーはそうならないで欲しいもんです。

コメントする

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31