山下

| | コメント(3) | トラックバック(0)

埼玉県北部(行田、熊谷辺り)の人間なら誰でも知っている、
逆にいうと埼玉県北部以外の人間は誰も知らないという
名産品がフライという食べ物。

普通の人はフライと聞くとエビフライ等を想像するけど、
残念ながらそんな豪勢なものではありません。
説明は難しいけれど具のないお好み焼きみたいなもの。

ちなみにWikipediaで調べると下記の通り。
お好み焼きよりも緩めに水で溶いた小麦粉を鉄板の上で薄く伸ばし、
店舗によっても異なるが豚肉や長葱、干海老、切りいかなど
お好み焼きの材料に近いものを載せて焼く。
黄身を崩した目玉焼き状の玉子が入る場合もある。
その一方で、お好み焼きでは必須であるキャベツは入らない。
焼き上がりにウスターソースか醤油を表面に塗り、青海苔を振りかける。
生地を2つ折りにして、
その中にウスターソースを浸した揚げパン粉を挟む店もある。
当初は焼く時にフライパンを用いたため「フライ」と呼んでいた。
どちらかといえば軽食やおやつ感覚の食べ物である。

このフライを売る店にも、もちろん人気店があり、
その一つが吹上にある「山下」。

山下外観 山下看板

汚い店だけど味は抜群に美味く、
連日昼時は駐車場に車が停められない程の大混雑。
しかも昔は夜まで営業していたのに
最近は強気に15時位で閉めてしまう有様。

お陰でなかなかタイミングが合わず、
食べにいけなかったが、最近やっと行くことができた。

注文したのはフライの「小」と、
焼きそばの「小」の通称「小ダブル」。

フライ「小」 焼きそば「小」

これだけでかなりのボリュームで
晩御飯までは何も食べられなくなる破壊力。
しかもこれで600円。
この「小ダブル」の上に「大ダブル」があるけど、
これを食べると死亡確定といったところか。

最近は埼玉県B級グルメとして
取り上げられてきているが、
まだまだマイナーな存在。

なのでフライを知っている人を見つけると
妙な親近感を持ってしまう。

詳しくはあなたの職場にいる
吹上出身の人にお聞きください。

埼玉県北部に遠征した際にはフライを食べてみれば。


大きな地図で見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 山下

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/302

コメント(3)

埼玉に住んでいるくせに、知りませんでした…。
これを食べ終わると喉か沸きますね。

…知りませんでした。
埼玉県民失格ですね。
社内には熊谷方面の人が多いので
早速、聞き込み調査してみます。

>ムササビさん
埼玉県民でも知らないのが普通です。
聞き込みしても結果は残念な食べ物で終了ですよ。

>えびせんさん
確かに食べ終わった後は死ぬ程、のどが渇きますね。
でも止められないんですよ。

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29