あの頃、ペニー・レインと

監督のキャメロン・クロウが15歳の時に
ローリング・ストーン誌の記者に抜擢され、
数々のロックスターと接してきた経験を基に撮られた
この「あの頃、ペニー・レインと」。

ちなみに現代は「Almost Famous」。
この「あの頃、ペニー・レインと」という邦題は
とてもいい題名だと思う。

ストーリーは
1973年、弱冠15歳にして
「ローリング・ストーン」誌の記者に抜擢され、
あるロックバンドのツアーの同行記事を
書くことになった少年ウィリアム。
旅の中で知るミュージシャンたちとの友情、
ジャーナリストとしての葛藤、
そしてせつない初恋が
当時のロックとともにつづられる映画である。

主人公ウィリアムが同行取材することになるバンド
「スティルウォーター」のモデルとなったバンドは
実際にキャメロン・クロウが取材した
オールマン・ブラザーズ・バンドや
レッド・ツェッペリンとも言われている。

ペニー・レイン役のケイト・ハドソンを
この映画で初めてを見たけれど、
初登場シーンでの抜群の存在感が
今でも記憶に焼きついていて、
このペニー・レイン役で2000年のアカデミー賞助演女優賞に
ノミネートされたのも納得の演技だった。

あと、ケイト・ハドソンが
ゴールディ・ホーンの娘という事にも驚いた。

劇中に流れる音楽も素晴らしく、
さすがキャメロン・クロウという選曲で、
サウンドトラックも満足できる。

物語終盤で対立しているメンバー同士が
飛行機事故に巻き込まれそうになった時に
それぞれの心境をぶちまけていくシーンが
面白く、印象的だった。

DVDのジャケットがパッと見、
アダルトチックな感じだけど、
物語はとても清々しい気分にさせてくれる
123分のとてもいい作品です。

あの頃、ペニー・レインと

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: あの頃、ペニー・レインと

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/316

コメント(2)

この映画、観よう観ようと思って見逃しているんですよ。
…ケイト・ハドソンのナイス・ボディって、
まさにゴールディ・ホーン譲りですよね!
あの脚線美とかそっくり。。

ゴールディ・ホーンの唇が好きなんですよ。
でも、ケイト・ハドソンは脚線美は引き継いでも、胸はだめでしたね。

コメントする

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31