ビッグ・フィッシュ

ティム・バートン監督、ユアン・マクレガー主演で
2004年に公開された「ビッグ・フィッシュ」。

「ティム・バートン=ダーク」
というイメージが強いが、
この「ビッグ・フィッシュ」は
黄色い水仙が象徴するように色彩鮮やかな映画だ。

ストーリーは
死期が迫った父が、改めて息子に語り聞かせる人生の回想。
巨人とともに故郷を出て、サーカスで働きながら、
あこがれの女性と結ばれる。
戦争へ行き、ひとつの町を買い上げる......。
何度も聞かされた父の話は、どこまでが本当なのだろうか?

父子の確執、和解を描いたファンタジー映画で
父親の若かりし頃を演じているのユアン・マクレガーの演技が
前向きで清々しい気分にさせてくれる。

父親の数々の奇想天外な話が
ラストへ全て結びついていき、
タイトルの「ビッグ・フィッシュ」も意味も含め
感動のラストで幕を閉じる。

この「ビッグ・フィッシュ」は
魚が大嫌いな自分でも大好きになれる程、
素晴らしい映画だった。

ビッグ・フィッシュパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ビッグ・フィッシュ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/320

コメント(2)

これ、面白そうですよね!
私も宅配ツタヤの予約リストに入れておきながら、まだ見ていない作品です。。
週末は山田さんも以前書いていた「ハンコック」を見ましたよ。
…確かに、、奇抜と型破りを強調しすぎて、どんどんインパクトが薄くなっていくような。。
個人的にはシャーリーズ・セロンのナイス・バディがもっと観たかったです。。

「ビッグ・フィッシュ」はお勧めです。
不覚にもラストは泣きそうになりましたから。
「ハンコック」はノーコメントです。

コメントする

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31