レッド・クリフ part2 -未来への最終決戦-

前作「レッド・クリフ part1」の公開から約半年。
満を持して「レッド・クリフ part2-未来への最終決戦-」が
公開された。

公開日は4月10日だったけど、
part1を観に行った時が凄い人手だったのと
あまり面白くなかったので、
「5月になって、空いてから観に行こう」と
後回しにしていたら、
今月いっぱいで上映終了という宣伝が流れており、
「そろそろやばいぞ」ということで観て来ました。

自分の周りでは既に観た人が多く、
ほとんどの人が面白かったと言っていたけど、
自分の感想はpart1と同様で、正直微妙だった。

まずサブタイトルね。
「未来への最終決戦」って何?

確か原題のサブタイトルは「決戦天下」。
中国の言葉に明るくないけど
「決戦天下」を日本語に訳すと
「未来への最終決戦」にはならないだろう。

avexがpart1の大ヒットを受けて
はしゃいで付けちゃったんだろうな。
本当に意味が分からないサブタイトルだった。

あとの感想はpart1と同じなんだけど、
今回、目についたのは呉の武将・黄蓋。
北大路欣也にそっくりで劇中目が離せなかった。

その他、中村獅童の煩わしさは相変わらずで、
スクリーンに姿が映る度に笑いが込み上げてしまった。

内容的には物足りなかったけど、
火薬量は間違いなく今年ナンバーワンの作品だった。

「レッド・クリフ part2」のパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: レッド・クリフ part2 -未来への最終決戦-

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/343

コメント(2)

…私のまわりにも観た人が多いのですよ。
念の為、「前作を観た友人がジョン・ウーにしては
火薬量が足りないとガッカリしていたけど、今回はどうか?」
と確認したら「相当な量だ」と言っていました。
やっぱり山田さんにも満足のいく量だったんですね。
安心しました。

何だか周りの評価は異様に高いんですよね。
自分の感覚が変なのかな~と真剣に思っています。
やっぱり、ジョン・ウーは「男たちの挽歌」ですよ!

コメントする

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31