ドーン・オブ・ザ・デッド

「300」、「ウォッチメン」の
ザック・スナイダー監督のデビュー作となった
2004年に公開された「ドーン・オブ・ザ・デッド」。

この「ドーン・オブ・ザ・デッド」は
1978年に公開されたジョージ・A・ロメロ監督の
伝説的映画「ゾンビ」のリメイク作品。

ストーリーは
アメリカのワシントン州エベレット。
看護婦のアナは仕事を終えて帰った翌朝、
人間たちが凶暴化し、
機敏な動きで次々と人間を襲う光景を目にする。
パニックに陥った彼女は夢中で自動車に乗り込み、
町を離れようとするが・・・。

「ドーン・オブ・ザ・デッド」が
リメイクされるというニュースが流れた時には
熱狂的なジョージ・A・ロメロファンから
「原作を壊すな!」と、かなりバッシングされていたが、
公開後にジョージ・A・ロメロが
「結構、良かったよ」みたいなコメントを出したら
この騒ぎも収束し、あっさりと認められてしまった。

主演は「死ぬまでにしたい10のこと」のサラ・ポリー。
正直、サラ・ポリーとゾンビ映画が結びつかなかったけど、
サラ・ポリーが「ゾンビ」の熱狂的なファンということで
実現したキャストだったようだ。

この「ドーン・オブ・ザ・デッド」の最大の見所は、
ゾンビは動きが遅いという定説を覆し、
ゾンビが走って追いかけてくること。
しかもこれが結構速いの。

これは同時期に公開されていた
ダニー・ボイル監督の「28日後...」でも見られる現象だ。

自分はあまりゾンビ映画が得意ではなかったけど、
この「ドーン・オブ・ザ・デッド」は問題なく観る事ができ、
立て篭もったショッピングモールに居ればいいのに、
無理に出ようとして死んじゃったり、
全然関係ないところで、おっちゃんが死んだりとかの
お約束がたくさんあり、とても面白かった。

まあ、騙されたと思って見てみてよ。
多分、騙す事になっちゃうと思うけど。

ドーン・オブ・ザ・デッドのパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ドーン・オブ・ザ・デッド

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/341

コメント(2)

この映画、たまたまテレビでやっているのを見て、目が離せなくなりました。
ゾンビ映画って苦手だ苦手だと思っていても釘付けになりますよね。
…でもって不思議と「あ~、私、生きてる。。」って実感できるんですよね。
恐るべし深さ…ゾンビ映画。。

ゾンビ映画には変な明るさがあるんですよね。
日本のホラーって暗すぎますけど、
ゾンビ映画は「お約束」が必ずあって、ホッとするんですよね。
たまにはコテコテのゾンビ映画もいいですよね。

コメントする

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31