ユージュアル・サスペクツ

1996年に公開され、ラストのどんでん返しが話題になり、
あなたの好きな洋画ベスト10とかいう企画があれば
「ショーシャンクの空に」と一緒に必ずランクインする
「ユージュアル・サスペクツ」。

ストーリーは、
5人の前科者は、正体不明の伝説の男、カイザー・ソゼを
首謀者として企てられた緻密な銃器強奪計画に巻き込まれる。
男たちは渋々と作戦に乗り出し任務を遂行するが、
その計画はパーフェクトかつシュアなものなのか、それとも・・・

アメリカでの公開は1995年の夏で、
この年の3月のアカデミー賞で「フォレスト・ガンプ」と
オスカー争いを繰り広げた「パルプ・フィクション」に例えて、
「今年の「パルプ・フィクション」は「ユージュアル・サスペクツ」だ!」
と、盛り上がっていた。
※ちなみにこの年のアカデミー賞には「ショーシャンクの空に」も
ノミネートされていたが、無冠に終わったんだよね。

この「ユージュアル・サスペクツ」は
ケビン・スペイシーにアカデミー賞助演男優賞をもたらした作品として有名もある。
タイトルロールはボールドウィン兄弟の三男坊(四男?)の
アレック・ボールドウィンです。

ただ、一向に日本での公開が決まらず、
このままビデオに直行かと心配していた時に
9月に東京国際映画祭で上映されるらしいという情報をキャッチし、
速攻でチケットをゲットした。

東京国際映画祭1995 東京国際映画祭1995

 

その際のチケットに記されていたタイトルは
「ユージュアル・サスペクツ-ありふれた容疑者たち-(仮)」という
サブタイトルが付いたものだった。
※証拠の半券を探したけど、見つかりませんでした。

やはり注目されていた映画だったのか、
東京国際映画祭だったからかは分からないけど、
劇場にいたお客の1/3は外国人だったような気がする。

自分の席の隣も外国人夫婦という人生初の経験で、
やはり笑うタイミングが全然違い、
ベネチオ・デル・トロの変な発音の英語と、
アレック・ボールドイン演じる、マクナマスがコバヤシに
「逃げたら、君の甥っ子は去勢される」という件で大爆笑していた。
多分、もっと下品な言い方だったのだと思う。

予想通り大満足の上映が終了した後に
監督のブライアン・シンガーと、
キートンを演じた、ガブリエル・バーンが登場し、
さらには質疑応答にも答えるというサプライズがあった。

この質疑応答の中で、ブライアン・シンガーは
当時1億ドルの制作費をかけて撮影した
ケビン・コスナーの「ウォーター・ワールド」を引き合いにだして、
「「ユージュアル・サスペクツ」は80万ドル(うろ覚えです)の制作費で
皆さんに大満足してもらえたけど、
「ウォーター・ワールド」は1億ドルもかけて、くだらない内容だ」的な発言で
会場を盛り上げていた。

でも、今では「X-MEN」や「スーパーマンリターンズ」等、
金がかかっている映画を撮ってるんだよね。

続いて、ガブリエル・バーンは、
主要登場人物5名が警察署にしょぴかれた時に
一人ずつ強盗の台詞を言うシーンが、
全員アドリブを入れすぎて、大爆笑の連続で撮影が進まず、
何テイクを重ねたか覚えていないと、撮影の裏側を暴露。

実際に壇上でも、そのシーンの決め台詞を
笑いながら演じてもくれた。

15分位の短い時間だったけど、
席も壇上に近かった事もあり、
はっきりと2人を目に焼け付ける事ができた。

今まで生で見たことのある、
ハリウッドの監督と俳優はこの2人だけです。

その後、やっぱり劇場で公開されず、
忘れていた頃の1996年のゴールデンウィーク辺りに
全国拡大公開はされずに、都内では渋谷と数箇所で公開され、
ひっそりと上映終了していたと思う。

で、劇場公開時のパンフレットがこれ。

ユージュアル・サスペクツパンフレット ユージュアル・サスペクツパンフレット

 

内容が内容だけに、
映画を観終わった後に、ご覧くださいという趣旨で
パンフレットに封がされているというもの。

でもこのパンフレットを購入してから約13年以上経っているけど、
封を開けていません。
多分、今後も開けないと思います。
自分、こういうの開けられないんだよね。

あと、この「ユージュアル・サスペクツ」のDVDは1,500円で買えます。
この内容で1,500円は絶対にお得だと思います。

ユージュアル・サスペクツDVD

 

まだ見てない人は、レンタルででも見た方がいいですよ。

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ユージュアル・サスペクツ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/405

コメント(4)

ユージュアルサスペクツ、DVDになってすぐに買ったよ。
映画館で見たかった!
ガンダムの1巻と2巻は読んだんだけど、
やっぱりおもしろいね・・・!

「ユージュアル・サスペクツ」は、全国拡大公開してもよかったのにね。
配給会社の判断ミスじゃないかな。
ガンダムは面白いけど、話を知っている人じゃないとマニアックかなと。
あとは連載のペースを上げて、単行本を年に4冊は出して欲しいよ。

…これは、面白かったですよね!私も大好きです。
…ブライアン・シンガーとガブリエル・バーンを生で見たなんていいなぁ。
その、強盗のセリフのアドリブ・シーン…NG集でも作って見せて欲しいですねww
…パンフレット、封を開けてないなんて価値がでるかも!
自分は即効、ビリビリと破いてしまいました。。

おお~!
ムササビさんは劇場で観ましたか!
自分は事前情報なしで観に行ったので、結末の衝撃は大でした。
何か封印されているパンフレットは他にもいくつかあるんですが、
どれも未開封のままです。
ビリビリと破ける、ムササビさんが羨ましいです。

コメントする

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31