2009年9月アーカイブ

去年は昼間に訪れた道頓堀に、今年は夜訪れました。

昼間とは違い、グリコのネオンも色鮮やかで
去年とはまた違った道頓堀の一面を見ることができました。

道頓堀

あと、通天閣に初めて行きました。

大阪の方に色々と話を聞いても
この通天閣がある新世界は治安が物凄く悪いということを聞きたのと、
本当は昼に行こうと思っていたけど、実際には夜の訪問になったことも含めて、
それなりの覚悟を持っての観光となりました。

通天閣

が、訪れた時間が遅かったせいか、想像していたのとは違い、
人は少ないし、店はほとんど閉まっているしで、
「何だか寂しい場所だなあ」というのが正直な感想でした。

通天閣

おもろい流しのおっちゃん二人組みがいたのと、
行列ができていた串カツ屋があったくらいでしたね。

治安の悪さはそんなに感じなかったけど、
今度は是非、昼間に訪れたいと思います。

仁徳天皇陵の近くにあった、
堺市の観光センターのおっちゃんに教えもらったのが
南宗寺の近くにある「かん袋」という甘味所。

かん袋

この「かん袋」の名物が緑色のあんこと白玉を絡めた「くるみ餅」。

普段は行列ができる程、混んでいる様なのだけど、
訪れた時間帯が良かったのか、待たずに入店し、
「くるみ餅」にかき氷がのっている「氷くるみ餅」を食した。

氷くるみ餅 氷くるみ餅

この「氷くるみ餅」が目茶苦茶美味かった。
今まで食べた和菓子の中で一番美味かったかもしれない。

あまりの美味さにお土産用の「くるみ餅」も購入し、
ホテルでゆっくり頂きました。

くるみ餅 くるみ餅

この「かん袋」の「くるみ餅」を食べる目的だけで、
また堺市を訪れてもいいかもと思ってしまう程、美味かった。

キン肉マンの超人タッグトーナメントの決勝戦で
マッスルブラザーズとヘルミッショネルズの対戦中に登場した
仁徳天皇陵がとても印象深く残っていて、
いつかは訪れたいと思い続けていた。

今回、大阪、京都に旅行する事になったので、
目的地の一つに組み込み、大阪府堺市まで行って来ました。

正確には「百舌鳥耳原中陵」というらしく、
この名前の由来は、当時は生前から古墳を作ることが慣例で、
仁徳天皇が古墳を訪れた際に、一頭の鹿が天皇に向かい走って来た際に、
百舌鳥がその鹿の耳の中に入り撃退したことからこの名が付いたらしい。

まず最初に古墳全体を俯瞰しようと思い、
堺市役所の21階にある展望ロビーへ。

仁徳天皇陵

ここなら前方後円墳の鍵型が見れるのでは思ったけど、
実際には、緑がモコモコとしていることしか分からず、
よく分からなかったので、古墳に直接行く事に。

仁徳天皇陵

まあ、近くから見ても予想通りに
全体像はよく分かりませんでした。

仁徳天皇陵

仁徳天皇陵

結局一番、よく見えたのは↓このポストカードという
少々残念な結果になってしまいました。

仁徳天皇陵

これからしばらく旅の記事が続きます。

エイミー・アダムス主演、
リトル・ミス・サンシャイン」のプロデュースチームが再結集した
「サンシャイン・クリーニング」を観てきた。

ストーリーは、
シングルマザーのローズは、
ハウスキーパーの仕事をしながらオスカーを育てている。
彼女の妹はいまだにアルバイト生活をしながらの実家暮らし。
ある日、息子が小学校を退学になったのをきっかけに、
姉妹は事件現場のクリーニングというヤバそうな仕事を始める。

「リトル・ミス・サンシャイン」と同じように、
笑える内容を期待していたけど、
実際はアメリカの低所得者層の生活の厳しさが描かれていて、
さらに事件現場のクリーニングという重いシーンもあり、
予想した内容は裏切られてしまった。

ただ、この重いストーリー中にも、
「リトル・ミス・サンシャイン」同様に家族の絆を再確認でき、
見終わった後に物語の良さが、じわっと伝わってくる映画だった。

「24」シリーズのクロエ役でお馴染みの
メアリー・リン・ライスカブも出ていて、
相変わらずの般若顔でした。

「サンシャイン・クリーニング」のパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

以前、浦和に勤めていた時に
昼食によく利用していたのが「洋食屋」。

お店の名前通りに扱うメニューは洋食。
ハンバーグやカニクリームコロッケ等から
牛フィレステーキや牛ホホ肉シチュー等の本格的なものまで楽しめます。

今回は約2年ぶりに浦和の裏門通りにある「洋食屋」を訪れました。

自分は「ミックスグリル」を、

ミックスグリル

彼女が「鶏ももとベーコンのグリル」を注文し、

鶏ももとベーコンのグリル

久しぶりの味に舌鼓を打ちました。

店の外観から、味まで当時と変わっていなかったのが嬉しかったです。

洋食屋

ランチの予算は1,000円位ですが、
ディナーに訪れると3,000円位になります。
一度、ランチの感覚でディナーに行った時にはビックリしました。
でも、味は最高でした。

今ではなかなか訪れる機会がなくなりましたが、
年に数回は訪れたいお店です。


大きな地図で見る

小林聡美、もたいまさこ出演の
「かもめ食堂」、「めがね」に続く「プール」を観てきた。

ストーリーは、
日本の家族から離れ、タイ・チェンマイ郊外にある
ゲストハウスで働く母・京子を訪ねてきたさよだったが、
そこで暮らすオーナーの菊子、従業員の市尾、
タイ人の子供・ビーとうまく馴染めずにいた。
しかし彼らと数日を共にすると、
自分を置いていってしまった京子と自然に向かい合うようになる。

チェンマイの素敵なゲストハウスを中心に
4年ぶりに再会する親子を軸に淡々と物語が進んでいく。

最初からラストまで、物語の起伏は少ないままだけど、
唯一、母と娘が鍋を囲みながらお互いの意見をぶつけ合うシーンは迫力があり、
静かなシーンの中に激しさを感じることができた。
さらにこのシーンは長回しだったので見応えがあった。

そして、もたいまさこの存在感が何か凄かったです。

映画を観終わった後には胸がすっきりする、
とてもいい映画でした。

↓パンフレットの右側にプールの穴が開いていて素敵ですが、
とても読みにくかったです。

「プール」のパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

東京都現代美術館で開催されている
メアリー・ブレア展」に行ってきた。

メアリー・ブレア展 メアリー・ブレア展

「ウォルトが信じたひとりの女性」という謳い文句の通り、
メアリー・ブレアはディズニーアニメの
「シンデレラ」「ふしぎの国のアリス」「ピーター・パン」などの
初期ディズニーアニメのコンセプトアートを手掛け、
「ふしぎの国のアリス」のイラストは一度目にした人も多いと思う。

メアリー・ブレア展

アリスもシンデレラも良かったけど、
自分が展示物の中で一番感動したのが「イッツ・ア・スモールワールド」。

あのディズニーランドにある「イッツ・ア・スモールワールド」の
デザインが多数展示してあり、完成までの軌跡、苦労を見ることができる。

正直、「イッツ・ア・スモールワールド」は
本当の天才か、のりピー状態にならないと
創れないと思う程の凄さで感動してしまった。

作品に関しては感動の嵐だったけど、
会場の混雑っぷりには辟易してしまった。

チケット代が1,100円と他の展覧会に比べると安かったせいか、
会場内は渋滞の嵐。
国宝 阿修羅展」よりも混んでましたよ。
その中でも驚いたのが、ベビーカーを押している人の多さ。
他の展覧会では遭遇した事がなかったので、びっくりしてしまった。
それともベビーカーは普通なのかな?

そして、グッズ売り場には散々たる光景が待ち構えていた。
人が溢れすぎていて、まともに歩くとことができずに、
まるでテレビでよく見るバーゲンの初日のようだった。

このグッズ売り場で一番酷かったのが、ポストカードコーナー。
まるで銀行の取付騒ぎが起きたかのような人の群れには完全に引いてしまった。

会場の誘導やグッズショップのお陰で残念な気分になってしまったが、
作品自体は素晴らしいものだったので、
興味のある方は行ってみてください。
ちなみに10月4日までです。

メアリー・ブレア展パンフレット

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」の
ラストのデス・スター攻略戦の反乱軍の指揮を採っていたのが
このアクバー提督。

アクバー提督 アクバー提督

見ての通りのエイリアンで、
顔は完全に魚系で、なまず似でもある。

能力はあるのだろうけど、
できればこういう人には指揮を採ってもらいたくない気もする。

フィギュアの方は
写真よりも、だいぶグロテスクな顔になっています。

アクバー提督

シャネルの創始者である、ガブリエル・ココ・シャネルが
自分のブランドを確立するまでを描いた
アンヌ・フォンテーヌ監督、オドレイ・トトゥ主演の
「ココ・アヴァン・シャネル」を観てきた。

ストーリーは、
母親を亡くし、父親に見捨てられたガブリエル・シャネルは、
姉と共に田舎の孤児院で少女時代を過ごす。
その後成長したガブリエルは、仕立屋でお針子仕事をする傍ら、
キャバレーで歌を歌い、つつましい日々を送っていた。
やがて「ココ」の愛称で呼ばれるようになった彼女は、
将校のバルサンに見初められて愛人となり、
パリ郊外へ移り住み、上流階級の生活を知ることに。
そんなある日、青年実業家のカペルと運命的な出会いを果たすココだったが・・・。

主演のココを演じたオドレイ・トトゥはもちろん素晴らしかったが、
ココに影響を与えることになる
バルザン役のブノワ・ポールブルードと
ボーイ役のアレッサンドロ・ニボラの
脇を固める両者の演技が素晴らしく、物語を引き締めていた。

物語は一人の女性が、自立し、成功していく姿を捉え
バルザンとボーイの愛を受け、ココのデザインに影響を与える様が伝わり、
最初から最後まで飽きることなく観る事ができ、
普段シャネルに全く関わりのない自分でも、 とてもいい話だと思えた。

印象に残った言葉が、
仕立てる服の生地を選んでいるシーンで、
色々な記事を勧めてくる店員に対して
「瞳に焼き付くのは黒のみ」と言い切り、
黒の記事を選ぶシーンが、クールだった。

ただ、ラストに映し出されるココの姿が、
どうしても沢口靖子に見えてしまったのは自分だけだろうか。

劇場の売店で「ココ・アヴァン・シャネル」のグッズを探したけど、
一切ありませんでした。
やっぱり、何か欲しければ店まで来いということなのかな。

↓なぜか持っているシャネルのココとNo5
個人的にはココの方が好き。

ココとNo5

 

そして、この映画を観て思ったことは
「パトロンって大事なんだな」。
うん、この一言に尽きます。

「ココ・アヴァン・シャネル」のパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

ウォッチメン」の人気が高かったお陰で、
もしかしたらアメコミブームが来ているのか、
バットマン:ダークナイト・リターンズ」も復刊された。

しかも、ただの復刊には留まらずに、
「ダークナイト・リターンズ」の続編にあたる
「ダークナイト・ストライクス・アゲイン」も収録され、
装いも新たに「バットマン:ダークナイト」としての復刊となった。

バットマン:ダークナイト

「バットマン:ダークナイト」のストーリーは、
ゴッサムシティから暗黒の騎士バットマンが消えて10年、
引退した55歳の大富豪ブルース・ウェインは、
ありあまる情熱を抱えながらも、一市民として平穏な生活を送っていた。
だが、エスカレートする犯罪行為によって荒廃していく街の姿に、
ブルースはついに復活を決意する。
かつての仇敵も犯罪活動を再開し、
再び戦いの中に身を投じたバットマンだったが、
その活躍は以前のようには世間から受けいれてもらえなかった。
政府の管理下にないスーパーヒーローの存在を認めない米国政府は、
ついに対バットマンの切札として一人の戦士を送り込む。
それは、米国政府の指揮下に下り、
「政府のイヌ」と化したかつてのヒーロー、スーパーマンだった・・・。

このストーリーを読んで、度肝を抜かれましたよ。

「「政府のイヌ」と化したかつてのヒーロー、スーパーマンだった・・・。」

いやー、この部分だけで絶対に買いでしょう。

常に噂されていた、バットマンvsスーパーマンが実現ですよ。

期待に胸を躍らせながら、読み始めたけど、
ウォッチメン」以上に絵がね・・・。

バットマン:ダークナイト

やっぱり自分には、アメコミの絵が合わないみたい。

でも、この「バットマン:ダークナイト」が盛り上がり、
映画版でも、バットマンvsスーパーマンを実現させてもらいたいな。

1  2  3

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Powered by Movable Type 4.1