ストームトルーパー

| | コメント(4) | トラックバック(0)

ストームトルーパーって、鳥山明だと思ってました。

ストームトルーパー ストームトルーパー

原因は、初めてストームトルーパーの存在を知ったのが、
鳥山明がストームトルーパーの格好をして、
アラレちゃん」の漫画の中に登場していたのを見た時だったから。

当時、小学生だった自分は、
「アラレちゃんの作者ってこういう人なんだ」
と、疑うことなく信じていた。

その後、テレビで放送された「スターウォーズ」で
間違いに気付いた訳であります。

ストームトルーパーが新鮮だったのは、
悪者なのに、ベースが白だから。

親玉のダースベイダーの黒と対比させるためだったのだろうけど、
この艶のある白いフォルムに惹きつけられてしまい、
気が付けば、ストームトルーパー好きになっていた。

実際の映画の中では兵隊なので、
使い捨てキャラクターとして大量生産されているから、
悪い言い方をすれば「雑魚キャラ」とも言えるのかな。

でも、自分の夢は、
このストームトルーパーのフィギュアを100体購入し、
家に北朝鮮のマスゲームのように、綺麗に陳列するだけのための
「ストームトルーパールーム」を作る事だ。

これこそが真の成功者の姿ではないだろうか。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ストームトルーパー

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/421

コメント(4)

ストームトルーパー100体陳列!
ぜひ、実現して真の成功者となってください。
…なんか、マイケル・ジャクソンとかが
本当にやっていそうですよね。
山田さん、死なないでくださいね。

昔、何かの雑誌で100体まではいかないのですが、
10体くらいを並べていた記事を目にしたんですよ。
それ以来、成功=ストームトルーパー100体です。

今ではそうでもないですが、昔は「白いくせに悪役」が大人数いることに、すごい恐怖を感じていました。

後付でストームトルーパーの誕生が説明された、エピソード2を見るまで、
中に人が入っているとは思わなかったんですよね。
でも、寒冷地仕様とか砂漠仕様とか色々いて、奥が深いもんです。

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29