イングロリアス・バスターズ

クエンティン・タランティーノ監督、ブラッド・ピット主演の
「イングロリアス・バスターズ」を観てきた。

ストーリーは、
1944年、ナチス占領下のパリ。
ナチスに家族を殺された映画館主のショシャナは、
ナチス高官が出席するプレミア上映会の夜、
復讐を果たそうと計画を練る。
一方、ナチス軍人を血祭りに上げてきたアルド・レイン中尉率いる
連合軍の極秘部隊「イングロリアス・バスターズ」も、
ヒトラー暗殺を企て映画館に潜入するが・・・。

とにかく喋る、喋る、喋りまくり、
「これぞタランティーノ映画!」といった内容で、
タランティーノ好きなら確実に満足できると思う。

居酒屋「ラ・ルイジアーヌ」での5人の会話のやり取りは
「レザボア・ドッグス」を彷彿とさせる展開で
静かなシーンながら、緊張感のあるものだった。
このシーンの結末は予想通り・・・だったけど。

主演のブラッド・ピットは前作「バーン・アフター・リーディング」ように、
少し間の抜けているキャラクターが似合っていたし、
ショシャナ役のメラニー・ロランはとても美人で、
復讐に燃える少女を力強く演じていたし、
「ホステル」の監督、イーライ・ロスもバスターズの一員として登場していた。

その中でも秀逸だったのが、ランダ大佐を演じた、クリストフ・ヴァルツ。
この役でカンヌ国際映画祭男優賞を受賞したのは伊達ではなく、
物凄い存在感で映画を引き締めていた。

タランティーノからの強烈なメッセージである
「ナチスのプロパガンダ映画に対する復讐」。
これが映画を楽しみつつ、伝わってくる映画だった。

最後に一言、とても面白かったです。

「イングロリアス・バスターズ」のパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: イングロリアス・バスターズ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/495

コメント(4)

タランティーノ好きなんですが、
これは好き嫌いが別れるというので、
見ようかどうしようか迷っていたんですよ
…ブラピの映画で好きな作品もあまりないし。。
是非、見てみます~!
(バーン・アフター・リーディングも!)

これはグロさに耐えられれば、とても面白い映画だと思います。
でも典型的なタランティーノの映画で、おしゃべりを楽しめますよ。
バーン・アフター・リーディングを見るよりはこちらかと・・・。

残念ながら、グロいシーンは目を閉じてしまいました(汗)
見終えた後は、ちょっと頭皮が緊張していました。
でも、すごく面白かったです。

タランティーノ作品に興味を持ちましたが、
やっぱりグロいシーンは欠かさずあるんでしょうか?

タランティーノの映画は喋りとグロさが売りですから避けられません。
でも、イングロリアス・バスターズはソフトだったと思いますが・・・。

コメントする

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31