フォース・カインド

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の「フォース・カインド」を観てきた。

ストーリーは
アラスカ州北部の街、ノーム。
心理学者のアビゲイル・タイラー博士は
夫の死によって受けた心の傷の癒えぬまま、
カウンセリングの仕事をしていた。
そんな中、彼女の受け持つ来談者のうち
不眠症を訴える数人が共通の症状を見せるようになる。
「深夜に起きると、白いフクロウがこちらを見ている」。
アビゲイルは治療のため患者の1人に催眠療法を実施。
するとその患者は突然発狂してしまう。

物語は実際に記録された映像と録音されたインタビュー、
再現映像によって成り立っている。

観終わった感想が
「一体、この映画は何を言いたいのだ?」
というが正直なものだった。

ドキュメンタリーとして撮ろうと思えば、
記録映像とインタビューだけでいいだろうし、
エンターテイメントとして撮るなら再現映像だけでいいはず。
それなのに両方を使用するという事が不自然で、
多分、この映画は全てフィクションなんだろうなと推測してしまう。

「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」風な映画で、
違いは現実の話か、創作かを最後まで知らせない方法をとり、
話題を集めようとしたけど、失敗したんじゃないかな。

でも、本当にあった話だったらごめんなさい。
そんな事は絶対に無いと思うけど。

「フォース・カインド」のパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: フォース・カインド

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/515

コメント(2)

映画の新しい手法、ミラ・ジョヴォヴィッチの新しいイメージ作り…共に
失敗した映画なのですね。。
「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」系の映画は
「クローバーフィールド」を観て大失敗した気分なので、
この映画も観ないでおきます。。

「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」系の映画ではなく、
「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」系にしたかったけど、できなかった映画なので、
全く違う映画になっているので、意外と観れるかもしれませんよ。

コメントする

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31