機動戦士ガンダム THE ORIGIN 20巻

今回は7ヶ月待ちました。

そして2002年初夏に1巻が出てから
約7年半かかって20巻に到達となりました。

遂にソロモンの戦いも終結。

圧倒的な破壊力のビグ・ザムが登場。
しかし、意外と簡単にドズルもスレッガーも散っていってしまった
(もっと引っ張ると思ったのに・・・)。

でも、こうして考えると、
「ザビ家の兄弟の中ではドズルが一番まともだったのでは」と、
昔では思いもよらない考えが浮かんできてしまった。

後半にはララァのエルメスも登場し、
いよいよアムロとシャアの因縁も深まっていく。

次巻からは「ひかる宇宙編」に突入。
いよいよクライマックスの序章だけど、発売は7月。

物語の完結にはあと3年くらいはかかりそうだ。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 20巻

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 20巻

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/537

コメント(2)

…なんか、繰り返し同じ内容を観ている銀英伝ファンとしては、
延々と続いているガンダムのファンが羨ましいです。
…この週末、ユリアンが地球に行ったのですが、
何度も観ていて、正直、新鮮味なく。。

いや、ガンダムもシリーズは変われども、内容は同じ感じですから・・・。
ユリアンが地球に行く件は辛かったですね。
地球の歴史とか見ちゃったりして・・・、とにかく長かった印象しかないです。
でも、ここを耐えれば激動の展開が待ってますよ!

コメントする

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31