NINE

| | コメント(2) | トラックバック(0)

シカゴ」のロブ・マーシャル監督作の
ミュージカル映画「NINE」を観てき た。

主演のダニエル・デイ=ルイスはもちろんだが、
ソフィア・ローレン、ジュディ・デンチ、ニコール・キッドマン、
マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ケイト・ハドソン、ファーギー
と、登場する女優陣が豪華すぎるのも、この「NINE」の売りとなっている。

ストーリーは
イタリアが世界に誇る映画監督、グイド・コンティー二。
だが豊かなはずの想像力が突如として消え果てた彼は、
9作目となる新作の脚本を一行も書けずにいた。
決まっているのは主演女優だけなのに、刻々と迫る撮影開始日。
追い詰められた彼は、ついに新作の記者会見から逃げ出し、海辺のホテルに身を隠す。
そこで人生に影響を与えた美しき女性たちの幻想に逃避し、
現実世界では呼び出した浮気相手と妻に救いを求めるグイド。
だが間もなく、プロデューサーに居場所を突き止められた彼は、
また映画製作という戦場に連れ戻されてしまう・・・。

オープニングで出演する女優が一堂に会して
始まるミュージカルシーンは圧巻、豪華爛漫で、
一気に物語の中に引き込まれてしまった。

エビータ」で寝てしまったという過去があるため、
ミュージカル映画に対して、若干の不安があったけど、
最後までラリホーにかかることもなく、楽しむことができた。

ミュージカル映画なので、最大の魅せ場は歌のシーン。
特に印象的だったのが、ケイト・ハドソンが歌う
「シネマ・イタリアーノ」のメチャクチャ陽気で力強く踊り、歌うシーンが
例えるなら「ぴょーん、およよ」ってな感じで今でも脳裏に焼きついています。

そして、主演のダニエル・デイ=ルイス。
過去2度、アカデミー賞主演男優賞に輝いた演技は素晴らしく、
あまりシリアスではない今回のような演技も似合うのだなと感心したし、
才能溢れる監督を演じ、美女達に囲まれるモテモテの役柄が
物凄く羨ましく感じてしまいました。

ミュージカル映画ということで、好き嫌いが分かれる映画だと思いますが、
DVDではなく、映画館の大音響で堪能した方がいい映画なのは間違いないです。

NINEパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: NINE

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/574

コメント(2)

この映画、すっごく観たいです!
「シカゴ」のロブ・マーシャル監督の作品とは知りませんでした!
…必見ですね!!

絶対に劇場で観た方がいいですよ!
家にホームシアターがあるのなら別ですが、大音響で体感した方がいいです!
でも、客数は少なかったです・・・。

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29