シャーロック・ホームズ

| | コメント(2) | トラックバック(0)

マドンナの元旦那のガイ・リッチー監督、
ロバート・ダウニーJr.主演、ジュード・ロウ共演の
シャーロック・ホームズ」を観てきた。

今春の一番の目玉と言える作品だったので、
小説の「緋色の研究」も読み、準備万端で劇場に向かった。

ストーリーは
19世紀末のロンドン。
ホームズと医師ワトソンの2人は、怪しい黒魔術の儀式を行い、
若い女性を次々と殺害するブラックウッド卿を逮捕する。
だが、処刑されたはずのブラックウッドが蘇り、再び殺人事件が発生する・・・。

期待して観に行ったけど、
「シャーロック・ホームズ=喋る犬」の印象が強い自分にとって、
ロバート・ダウニー・Jrとジュード・ロウの二人が演じる
「シャーロック・ホームズ」の世界に中々入っていくことができず、
さらに、映画全体のテンポが悪く、
今までのガイ・リッチーの作品とは違う雰囲気が少々残念だった。

人それぞれ感想は違うと思うけれど、
自分は、あくまでも「シャーロック・ホームズ」という
壮大なシリーズの幕開けを告げるための作品、
続編への壮大な序章だったと捉えることにしました。

何年後に続編が公開されるか分かりませんが、
その際は、また期待して観に行きたいと思います。

シャーロック・ホームズパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: シャーロック・ホームズ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/569

コメント(2)

ガイ・リッチーの「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」が
だ~い好きな自分としては、観てみたい作品なのですが…
「ロック~」以降の作品がいまいちなのですよね。。

山田さんの感想を読んで、
あまり期待しないで観に行ったほうが良いなぁと確信しました。。

何と言うか、ガイ・リッチーの映画としても、
シャーロック・ホームズという映画としても微妙でした。
何がダメなのかは分からないんですけどね・・・。

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29