タイタンの戦い

| | コメント(2) | トラックバック(0)

1981年に公開された、レイ・ハリーハウゼンの引退作となった
「タイタンの戦い」を「アバター」のサム・ワーシントン主演で
リメイクした「タイタンの戦い」の2D版を観てきた。

まず、自分の住んでいる田舎では「アリス・イン・ワンダーランド」に
3Dを独占されているせいか、3D版が全く上映されていない。
でも、2D版でも充分迫力ある映像を堪能することはできた。

ストーリーは
神と人が共存していた時代、神々は己の欲望を満たすため、
激しい権力争いに明け暮れていた。
ある日、そんな神々に対し人間の王が反乱を起こす。
人間の創造主でもある神々の王ゼウスはこれに激怒し、
人類を滅ぼそうと冥界の王ハデスを解き放つが、
人間の心を持つ神ペルセウスが人類救出のため立ち上がる。

この「タイタンの戦い」は「ウルフマン」以上のバカ映画だと思っていたけど、
確かにバカ映画であったけど、ある意味突き抜けてしまい、
ここまで来ると、漫画の世界の様になり、意外と楽しむ事ができた。

まあ、主演のサム・ワーシトン。
ターミネーター4」、「アバター」と超大作に出演しまくり、
今や飛ぶ鳥も落とす勢いだけど、「今後はどうするのだろう」と、
映画を観ながら余計な心配をしてしまいました。

そして意外だったのが、
リーアム・ニーソンとレイフ・ファインズがそれぞれ
ゼウスとハデスという神々の役で出演していた事に驚いた。

一体、二人に何があったのだろうかと思わずにはいられない。
役者としての路線を変更したのかな?
でも、リーアム・ニーソン演じるゼウスが着ていた鎧が
光り輝いていて、まるで聖闘士星矢の聖衣のようだったのが面白かった。

あとは、主人公を見守るイオ役のジェマ・アータートンの
透き通る様な美しさがとても印象的でした。

内容は序盤は停滞していたけれど、
中盤からはスコーピオン、ペガサス、メデューサ、クラーケンなどの
ある意味、お馴染みのキャラクターが登場する、
漫画チックな展開になると飽きる事なく、楽しめました。

何にも考えないで、スカッとした映画を観たい人にはお勧めできると思います。
ただ、女性向きの映画ではないと思いますので、そこは注意してください。

タイタンの戦いパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: タイタンの戦い

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/604

コメント(2)

リーアム・ニーソンとレイフ・ファインズが
突き抜けたバカ映画に出演するなんて!!
それだけで、観たくなる作品ですね。

…ほんと、どうしちゃったんですかねぇ。。
何にも考えないで、スカッとしたかったんですかねぇ。。

本当にどうしちゃったんですかね。
レイフ・ファインズは最近は「ハリー・ポッター」にも出てますしね。
二人が共演してますが、観ない方がよいかと思います。

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29