パリより愛をこめて

| | コメント(2) | トラックバック(0)

トランスポーター」、「96時間」と同じく、
リュック・べッソン原案、ピエール・モレノ監督、
ジョン・トラボルタ、ジョナサン・リース・マイヤーズ出演の
パリより愛をこめて」を観てきた。

ストーリーは
パリのアメリカ大使館員・リースには上司にも婚約者にも言えない秘密があった。
CIAの見習い捜査官として諜報活動に従事していたのだ。
繊細な性格で人を撃った事もない彼は、
いつかはエージェントとして華やかな活躍を夢見ていた。
そんな彼の元にワックスという相棒が現れる。
推理力も腕力もピカイチ、口よりも先に銃を撃つ危険な男だ。
彼らの初任務である麻薬密売組織の捜査が終わりに近づいたとき、
意外な事実が発覚する・・・。

ほとんど期待をしないで観たのですが、
この姿勢が良かったのか、意外と楽しんで観ることができました。

正直言うと、物語は浅く、ラストも簡単に分かってしまう
「あっ、どこかで観たことあるな」という典型的なバディムービーでしたが、
ジョン・トラボルタの切れっぷりが良かったと思います。

物語の中盤で、トラボルタが好物の「ロイヤルバーガー」を食べるシーンが
パルプ・フィクション」好きなら、思わず「にやり」となってしまいます。

他の映画に出演していても、いまいち存在感が薄かった
ジョナサン・リース・マイヤーズも、トラボルタの影響か、
この映画ではいい味が出ていたと思います。

続編があまり好きではないトラボルタも、
「パリより愛をこめて」の続編には興味を示しているようです。

そして、この「パリより愛をこめて」は、
パンフレット、チラシがとてもいいデザインだと思います。

パンフレットはエッフェル搭と銃がデザインされた表紙。

パリより愛をこめてパンフレット

チラシもスタイリッシュです。

パリより愛をこめてチラシ

そして何より秀逸なのがキャッチコピー。

「人生のひきがねを引け」

ストーリーとは全く関係ない(ラストにちょっと関係あるかな?)
キャッチコピーだと思いますが、素晴らしいと思います。

僕も今年度中には必ず「人生のひきがね」を引きます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: パリより愛をこめて

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/617

コメント(2)

…リュック・べッソン原案、ピエール・モレノ監督の組み合わせは
面白い作品が多いので、この作品も是非観てみたいです!

ジョナサン・リース・マイヤーズは「ベルベット・ゴールドマイン」の
イメージしかないのですが、この作品では良い味だしているのですね♪

…余談ですが、今朝、小さな「人生の引き金」を引こうとしたのですが、
思い切る勇気がありませんでした。

どうして現実は、こうも思い通りに行かないものですかねぇ。。


小さな「人生の引き金」って、禁酒ですか?
自分は今年は「引きがね」を引きまくろうと思っています。

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29