ブロンソン

| | コメント(2) | トラックバック(0)

新所沢駅から徒歩8分程の場所にあるのが、
川越にある豚骨ラーメンで有名な「笑堂」の系列店の「ブロンソン」。

ブロンソン

店長がチャールズ・ブロンソン好きなのか、
武論尊氏が好きなのかは、一切不明です。

ここのつけ麺を食べるために、
小学生の時に西武球場(まだ西武ドームにはなってない頃)に
野球を観戦しに行った以来となる、所沢訪問となりました。

店には11時前に到着し、運が良かった事に先客は2名しかいなく、
待つことなく店内に入ることができました。

つけ麺を注文し、待つ事10分程でご対麺となりました。

ブロンソンのつけ麺

スープは豚骨魚介で、スープの色が黒色ですが、
これは魚粉が大量に投入されている(舌がざらつく程)影響でした。

麺は太麺でしっかりしていて、スープにマッチしていました。

この「ブロンソン」のつけ麺は
化学調味料を一切使用しないというのが売りらしいので、
ヘルシーなのではないでしょうか。

味は普通に美味しく、
わざわざ所沢まで来た甲斐があったかなと思います。

また近くに来た時には訪れたいと思った店でした。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ブロンソン

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/646

コメント(2)

麺が美味しそうですね!
やっぱりブロンソンというからには、
太麺でしっかりしていなきゃ名前負けしますよね。。

そうですよね!
ブロンソンなのに、さっぱり味だったら幻滅ですよね。
太麺、油ぎっとぎと、にんにく、大盛。
最低でもこれをクリアしないとブロンソンではないですよね。

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29