平城京ミステリークエスト 朱都の記憶

| | コメント(3) | トラックバック(0)

2010年は平城京に遷都してから1300年という記念の年なので、
「平城遷都1300年祭」として、奈良県では記念の行事が多数行われています。

その行事の一環として、7月20日から開催されるのが、
平城京ミステリークエスト」。

江戸川乱歩賞を受賞した石井敏弘氏が書き下ろした
平城京を舞台にした推理小説「朱都の記憶」を読んで、
犯人を推理するというシンプルな企画。

そして、見事犯人を当てた人には抽選で、
1mのせんとくんのぬいぐるみ(非売品)他が当たるという豪華な景品が。

「よし!せんとくんゲットだぜ!」というノリで、
先着5,000名にプレゼントされる「朱都の記憶」を申し込み、
10日程で手元に小説が到着となりました。

朱都の記憶

予想したよりも随分と薄い小説で、ページ数は90ページ程。
これは余裕だろうと思って読み始めましたが、
思ったよりもかなり難しいです。
というか、誰が犯人か分からないです。

読む前は目撃情報で、頭に鹿の角が生えた人がいたとか、
ダイイングメッセージに「せん○くん」とかがあって、
どうせ犯人は、せんとくだろうと勝手に決め付けていたのですが、
そうは簡単にはいかないようです。

そしてこのミステリークエストが旨いのが、
「平城遷都1300年祭」の会場である平城京跡にヒントを隠し、
実際に平城京跡まで観光で着させようという仕組みになっています。

ミステリークエストMAP

自分はこの小説を読んでも全く犯人が分からないので、
この罠に見事に引っかかり、秋頃に平城京跡を訪れようと考えています。

というか、誰か犯人が分かったら教えてください。
1mのせんとくんが欲しいんです!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 平城京ミステリークエスト 朱都の記憶

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/648

コメント(3)

このあいだ、奈良の鹿をボウガンの矢で殺した奴が犯人じゃないですかねぇ。。やっぱり。。

オークションとかで売られそうですね(笑)
最初はキモいとかばっかり言われてたのにな~

>ムササビさん
ということは、せんとくんがボウガンで鹿を撃ったって事ですか!
世も末ですね。

>エボンさん
そうですよね、最初は「否」しかなかったのに、
気が付いたら人気が出ていましたからね。
でも、この1mせんとくんは気になります。

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29