シングルマン

| | コメント(2) | トラックバック(0)

グッチやイヴ・サンローランでデザイナーとして活躍した
トム・フォードの初監督作として話題の「シングルマン」を観てきた。

ストーリーは
1962年11月30日。
8ヵ月前に16年間ともに暮らした愛するパートナーのジムを失ったジョージは、
この日で人生を終わらせようと決意し、死の準備を着々と整えていた。
しかし、今日が人生最後の日だと思って眺める世界は少しずつ違って見えてくる。
英文学を教える大学の講義ではいつになく熱く語り、
いつもならうっとうしい隣家の少女との会話に喜びを感じていたのだった・・・。

事前に内容をあまり調べずに、
「愛する者を失った人生に、意味はあるのか」というキャッチコピーと、
主演のコリン・ファースとジュリアン・ムーアが映った写真しか見ていなかったので、
この二人がメインでストーリーは進んでいくんだろうなと思っていたら、
映画が始まったらビックリ。完全にゲイの映画でした。

確かに映像は耽美的で美しく、衣装や小物も洗練されていて、
とてもスタイリッシュな映画だなとは思ったけど、
「何回も男のケツを見せられてもなあ」というのが
映画を見終わった後の率直な感想だった。

もしかしたらトム・フォードはゲイなのではないかと思い、
パンフレットをよく読んでみると、やっぱりカミングアウトしているようです。

映画を見終わった直後は、あまりのゲイさにやられてしまっていたけど、
もう一度、映画の内容を振り返ってみると、
パートナーを失い、死を覚悟した主人公が1日の間に起こる出来事によって、
再生していく展開の描写は素晴らしかったし、
何より、主演のコリン・ファースの静かで繊細な演技は、
アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたのも当然というものでした。

あとこの話は、主人公ジョージが関わる男性を
全て女性に置き換えて同じストーリーで映画を撮っても
同じように成立する構成になっていると思います。

この点を通して、監督のトム・フォードは
「ゲイもストレートも違いはないよ」と訴えていたのかな。
考えすぎでしょうかね。

この「シングルマン」は、噛めば噛むほど味が出そうな映画ですが、
鑑賞する際は、チラシにのっていたアラーキーの感想を参考に観ればいいと思います。

↓アラーキーの感想

ゲイは美しい。エロマンチックだ。
愛を泳ぐ、そして突然死ぬ。
こんな生き方、死に方もいいナ。

都内では3館でしか上映していないため、
自分が観た映画館も満員で、チケットはソールドアウトでした。
ただ気になったのが、自分の周りには
ヨン様を好きそうなオバサンが多数を占めていました。
何ででしょうね?

シングルマンのパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: シングルマン

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/715

コメント(2)

…山田さん、ごまかさないでくださいよ。。

「完全にゲイの映画」と判っていたからこそ、
観に行ったんですよね!!?

「完全にゲイの映画」と若っていたら、心構えも違ったんですけどね・・・。
でも、普通にいい映画でしたよ。
多分、ムササビさんも気に入ると思います。

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29