相棒-劇場版Ⅱ-

| | コメント(2) | トラックバック(0)

今年一発目の映画として「相棒-劇場版Ⅱ-」を観てきました。

ストーリーは
田丸警視総監、長谷川副総監をはじめとした警察幹部12名が、
警視庁本部内で人質に取られる事件が発生する。
偶然にも犯人と遭遇した神戸尊と
その連絡を受けた杉下右京の特命係の二人は独自に情報収集を進め、
籠城犯が元警視庁刑事の八重樫だという事実を突き止める。

前作を観た時は、あまり「相棒」を知らなかったので、
物語に入っていけなかったのですが、
今回はドラマを何度か見て、
寺脇からミッチーに交代したという情報も得ていたので、
すんなりと物語に入っていけました。

前作の劇場版の内容は正直、微妙な感じだったのですが、
今回は前作に比べると真面目なストーリで、
若干、中華街の件がショボかったけど、
全体的にはとても面白く、見応えのある内容だったと思います。

それにしても結末がね・・・。

これ、相棒ファンなら絶対に観ないといけない映画だと思います。
じゃないと、今後の相棒の展開に付いていけないのでないでしょうか。

でも、この展開を映画でやってしまうのは英断というか無謀というか・・・。

しかし、「相棒-劇場版Ⅱ-」を観た事により、
今後の相棒シリーズを見逃せなくなりましたね。

相棒-劇場版Ⅱ-のパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 相棒-劇場版Ⅱ-

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/771

コメント(2)

山田さんが新年第一弾で「相棒」を観にいくなんて、
新年第一弾で寿司屋にアン肝食べに行ったと聞くくらい意外です。。

ちなみに自分の第一段は「南太平洋」でした。。
我ながら古すぎ。。。。。。。。。

そうですか!?
結構、ドラマの「相棒」も見ているので、
自分の中では寿司屋で「かっぱ巻き」を注文する位の感覚なのですが・・・。
しかし、「南太平洋」ですか・・・。
こちらの方がアン肝じゃないですか?

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29