黒いユニコーン

| | コメント(0) | トラックバック(0)

前巻のラストで登場した「バンシィ」との戦いがメインとなった
ユニコーンシリーズ第7巻の「黒いユニコーン」。

ストーリーは
連邦政府首都ダカールでの死闘の末、バナージの前に立ちはだかった新たな敵。
それは「ユニコーン」と酷似した「黒いガンダム」だった。
「ラプラスの箱」をめぐる争いが沸点を迎える中、
それぞれの思いに従って戦場を駆ける男たち、女たち。
彼らの眼前で二機のガンダムが激突した時、未知の強大なエネルギーが膨れ上がり、
世界の界面を揺らすかのように空を覆った・・・。

今巻のメインは宇宙に戻るためのガルダの上での
ユニコーンとバンシィの空中戦。

ほぼ、文章だけからだと何をやっているのかが分からない
激しい戦いの応酬は、多分大迫力だったのだと思います。

ベルトーチカが登場したり、名前だけだけどカイが出てきたり、
その他にもスナイパーのザクⅠは職人のような渋さだったし、
アッシーマーの後継機のアンクシャも登場したりと、
目が離せない展開が繰り広げられましたよ。

でも、相変わらずフル・フロンタルはほとんど登場しませんでした。

様々な事が起こった結果、物事が収まるところに収まり、
舞台は宇宙に戻りました。

この巻は色々とありましたが、
ラスト間際でバナージが発した言葉、
「ユニコーンガンダムは、伊達じゃない・・・」
この一言に尽きると思います。

黒いユニコーン

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 黒いユニコーン

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/776

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29