ソーシャル・ネットワーク

| | コメント(2) | トラックバック(0)

フェイスブックの創始者、マーク・ザッカーバーグの半生を描き、
今年度のアカデミー賞の最有力との評価を得ている、
デビット・フィンチャー監督作の「ソーシャル・ネットワーク」を観てきた。

ストーリーは
2003年、ハーバード大学に通う19歳のマークは、
親友のエドゥアルドとともに学内の友人を増やすための
ネットワーキング・サービスを開発する。
そのサービスは瞬く間に他校でも評判となり、
ファイル共有サイト「ナップスター」創設者のショーン・パーカーとの出会いを経て、
社会現象を巻き起こすほどの巨大サイトへと急成長を遂げるが・・・。

2時間に渡る物語の中に、特に盛り上げるシーンというのはなかったけど、
最初から最後までの物語全てに、ずーっと引き込まれ続け、
観終わった後には満足感と多少の疲労が残ったかな。

「危ない奴」と呼ばれたマーク・ザッカーバーグ。
彼を動かしていたのは「フェイスブック」をいかに完璧にするかという事だけで
結果として「裏切者」と呼ばれたのは、彼の純粋過ぎる「想い」のせいだと思います。

でも、「フェイスブック」が誕生したきっかけが、
彼女に振られて、酔った勢いだったというのが単純で面白かったです。

それと「フェイスブック」の成功に過程において、
「ナップスター」のショーン・パーカーとの関わりがあったのが意外でした。

さらに劇中でショーン・パーカーを演じていたのが、
ジャスティン・ティンバーレークだったというのも驚きでした
(かなり老けてみえたけど、役作りかな・・・)。

完全に脚色なのだろうけど、
ラスト間際のパソコンに写るある画面を眺め続けるマーク・ザッカーバーグの姿が
彼の本当の内面を写していたように見え、とても印象的でした。

この「ソーシャル・ネットワーク」がアカデミー賞を獲得できるかは分かりませんが、
非常に良い映画だったという事は、間違いないと思います。

ソーシャル・ネットワークのパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ソーシャル・ネットワーク

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/779

コメント(2)

これは観てみたい作品です!
…製作総指揮がケヴィン・スペイシーなのが自分にとってポイント高いです。

これがアカデミー賞とったら、助演男優賞、主演男優賞、そして作品賞。。。すごいですよね。。。

ケヴィン・スペイシーが製作総指揮とは知りませんでした。
今年のアカデミーでは「英国王のスピーチ」との一騎打ちになるでしょうから、
戴冠がありえるかもしれませんね。

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29