英国王のスピーチ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

本年度のアカデミー賞12部門にノミネートされた
コリン・ファース主演の話題作「英国王のスピーチ」を観てきた。

ストーリーは
1936年の英国。
国王ジョージ5世の後継として長男のエドワード8世が即位するが、
離婚歴のある米国女性と結婚するために1年もしないうちに王座を捨ててしまう。
ジョージ6世として王位に就くことになった弟のヨーク公は
内気な性格に加え幼い頃から吃音症に悩み、公務でのスピーチは常に苦痛の種だった。
そんな夫を優しく励ます妻のエリザベスは、
オーストラリア人のスピーチ矯正専門家ローグを見つけ出すのだった。

もっと重厚な内容かと思っていたら、
意外と軽いノリで進んで行ったなというのが率直な感想です。
映画を観る前の期待が大きかったせいか、
予想していたよりも感動は少なかったかな。

時代背景が第二次世界大戦開戦前夜だったけれども、
戦争には直接的には焦点を当てずに、
あくまでもジョージ6世の吃音症だけに焦点を絞った点が斬新だった。

ジェフリー・ラッシュ演じるローグとの治療の中で育まれた
身分の差を越えた友情と、
ヘレナ・ボナム=カーターが演じたエリザベスの愛情に支えられ、
病を克服し、立派な王になっていく姿は素晴しかったです。

主演のコリン・ファース、
共演のジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、
この3人がアカデミー賞にノミネートされたのも当然といったところですね。

あと、ガイ・ピアースの姿を見れたものよかったな、
ちょい役だったけれどね・・・。

とても「いいお話」でしたが、
アカデミー賞作品賞を取るかどうかと言われると、
自分は「?」だと思います。

英国王のスピーチのパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 英国王のスピーチ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/805

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29