トゥルー・グリット

| | コメント(0) | トラックバック(0)

本年度アカデミー賞10部門にノミネートされた、
コーエン兄弟監督作の「トゥルー・グリッド」を観てきた。

主演はこの「トゥルー・グリッド」で2年連続で
アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたジェフ・ブリッジス、
共演にマット・デイモン、ジョシュ・ブローリン、
そして、ほぼ主演と言ってもいい程の圧倒的な存在感があった、
新人のヘイリー・スタイフェルドが名を連ねている。

ストーリーは
マティ・ロスは、育ちがよく信念の強い14歳の少女。
ある日、彼女の父親が雇い人のトムに無残にも撃ち殺された。
マティは、父親の形見の銃を譲り受け、ためらわず復讐を決意する。
彼女が逃亡したトムを追跡するために助けを求めたのは、
凄腕だが独眼で大酒飲みの連邦保安官ルースター・コグバーン。
若きテキサス・レンジャーのラブーフも加わり、3人の追跡の旅が始まる。
そして遂に「真の勇気」が試される復讐のときが訪れるのだった・・・。

コーエン兄弟が西部劇を撮るという事に、あまりピンとこなく、
物語が始まっても最初のうちは眠気が襲ってくる内容でしたが、
3人が旅立ってからは、物語にグイグイを引きこまれ、
ラストまで目が離せない展開となり、
ラストにはコーエン兄弟らしい「現実」が待っていました。

「トゥルー・グリッド」のテーマは「復讐」だけど、
実際はマティ、コグバーン、ラブーフの成長の物語だったと思います。

酔っ払いの保安官を演じたジェフ・ブリッジスはやっぱり上手かったですね。
だめな中にもマティを見守る眼を常に持ち続けていましたし、
酔っ払って切れている所なんて最高に面白かったですよ。
できればもっと切れて欲しかったけど・・・。

そして、マティ役のヘイリー・スタイフェルド。
とても14歳の少女とは思えない芯の通った力強い演技で、
「トゥルー・グリッド=真の勇気」はコグバーンの事なのだろうけど、
自分はマティの事だと思いながら映画を観ていました。

あと、マット・デイモンは置いといて、
敵役となるジョシュ・ブローリンの演技が、
ウォール・ストリート」とは全くの別物で驚かされました。

しかし、西部劇というのは、なかなか馴染めないですね。
日本でいうところの時代劇と同じようなジャンルになるのでしょうかね。

娯楽色は確かに少ないかもしれませんが、
かなりの見応えのある映画だったので、
序盤を上手く乗り切れれば、お勧めです。

トゥルー・グリットのパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: トゥルー・グリット

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/823

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29