六厘舎 TOKYO

つけ麺の有名店「六厘舎」にようやく行く事ができました。

大崎にあった本店は昨年の8月に移転のため閉店してしまったので、
東京駅の東京ラーメンストリートにある「六厘舎 TOKYO」に行ってきました。

六厘舎 TOKYO

10時30分前に到着しましたが、すでに20人以上の行列が出来ていました。

六厘舎 TOKYO

ただ、朝つけ営業との入替えの時間だったので、11時に開店すると、
列はあっという間に進み、一回転目には入店できませんでしたが、
11時10分くらいにはスムースに席に着くことができました。

つけ麺の食券を買い、席で待つ事5分程でご対麺となりました。

六厘舎 TOKYOのつけ麺

ずーっと食べてみたかったつけ麺とようやく対麺でき、
少しの間、感激に浸りましたよね。

六厘舎 TOKYOのつけ麺

でも、一口食べてみると自分が想像していた味とは全く違いましたね。

もっと下品な位、こってこってな味を想像していたのですが、
意外や意外、上品な味わいにびっくりしてしまいました。

テーブルには柚子パウダーみたいなものもあり、
これを入れるとさらに上品な味わいになりましたね。

ただ、当然ながら味は美味しかったので、スープ割りまで楽しみ、
元気で愛想のいい店員さん達に見送られて、店を後にしました。

食べる前からかなりの期待をしていたので、
少々、予想と違う味に戸惑いましたけど、
次は本店が再オープンしたら、今度はそちらに行ってみたいですね。

あと、「六厘舎 TOKYO」の朝つけ定食を是非食べてみたいものです!

●2011年7月13日追記

本日、朝の通勤列車のダイヤが大幅に乱れていたので、
このチャンスを逃さずに、会社に遅刻の連絡を入れ、東京駅に向かい、
念願の「六厘舎 TOKYO」の「朝つけ麺」を食す事に成功しました。

前回訪問した時とは入口が場所のが変わっていましたが、
さすがに朝という事もあり、2人並んでいるだけで、5分もしないで入店となりました。

券売機で「朝つけ麺」を購入し、席に着いて待つ事10分程でご対麺となりました。

朝つけ麺

普通のつけ麺と比べると、若干スープが薄く、
後は海苔に魚粉がのっていない位が違いでしょうかね。

朝つけ麺

最初は「朝につけ麺なんて無理だろう」と思っていましたが、
やはり美味しいので、意外にもすんなり食べる事ができました。

当たり前ですが、スープ割りもできました。

本当はご飯や納豆、玉子が食べ放題の「朝つけ定食」にしようかと思ったのですが、
とても食べられないので、定食にしなくて正解でした。

食べ終わって店を出る時には、店員さんが
「行ってらっしゃいませ~」と気合の入った声で送ってくれたのが面白かったです。

当然の事ですが、朝の8時台につけ麺と食べたこの日は、
夜になるまで何も食べる気が起きず、さらに仕事にも全く身が入りませんでした。

こんな破壊力抜群の「朝つけ麺」ですが、
いつかは「朝つけ定食」にチャレンジしてみたいと思っています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 六厘舎 TOKYO

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/836

コメントする

2013年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30