スティール・ボール・ラン23巻

| | コメント(2) | トラックバック(0)

先月、ウルトラジャンプでの連載がめでたく終了した
ジョジョの奇妙な冒険第7部「スティール・ボール・ラン」。

単行本の方は、22巻が発売されてから半年以上待たされ、
23巻、24巻が2ヶ月連続してリリースされる運びとなりました。

で、本日待ちに待った
スティール・ボール・ラン23巻」が発売となりました。

でもね・・・、この単行本、目茶苦茶薄いの。

普段は4話収録されているところ、
なぜかこの巻は3話しか収録されていない。

しかし、お値段は据え置きのままという
ストーリーとは正反対の姿勢に、多少しらけてしまった。

第6部の「ストーンオーシャン」の時は
ラスト2巻の16巻17巻が物凄く厚かったのに・・・。

肝心の内容は、大統領との戦いが終了し
(大統領の最後の顔は男前だった・・・)、
そして本命のDIOが復活。

スタンドが思いっきり変わっているのがうけました。

6月3日発売の24巻で「スティール・ボール・ラン」も完結。

はたしてレースがどのように終結するのか、
そして第8部の「ジョジョリオン」にはどう繋がっていくのか、
両方とも楽しみです。

スティール・ボール・ラン23巻

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: スティール・ボール・ラン23巻

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/854

コメント(2)

まあ、基本の世界でも死んでしまったDIOよりも強かったからこそ生き残っていたと考えればあのスタンドでも納得できるのでは?
ケツの穴にツララを突っ込まれた気分て意味がわかりましたかね?

ジョジョリオンは・・・まだ謎です

DIOは甦るとは思ってましたが、「世界」が普通に登場したのには驚きましたね。
「ケツの穴にツララを突っ込まれた気分」、気付かなかったですね。
もう一度、読み返してみますわ。

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29