アンノウン

| | コメント(0) | トラックバック(0)

リーアム・ニーソン主演の「アンノウン」を観てきた。

ストーリーは
医学博士のマーティン・ハリスは若い妻と共に
学会に出席するためベルリンへと赴くが、
宿泊するホテルに向かう途中で交通事故に遭う。
病院で一人意識を取り戻したハリスだったが、
妻にはその存在すら認識されず、見ず知らずの男が自分になりすましていたため、
真相究明に乗り出すが・・・。

最近のリーアム・ニーソンは本人の意向なのか、スタジオの意向なのかは分からないけど、
昔の「マイケル・コリンズ」や「シンドラーのリスト」の出演が嘘のように、
96時間」や「特攻野郎Aチーム」等のアクション映画に連続して出演していて、
何か心境の変化での起きたのでは?と心配になってしまう程の変わりようです。

肝心の「アンノウン」の感想ですが、
「ボーン」シリーズの内容を薄っぺらくして、小さくまとめたような感じで、
「日曜洋画劇場で見るのがちょうどいい」といった感じの内容でしたね。

話の展開は予想したものとは違い、若干の驚きはあったけれど、
その展開にしてしまったお陰で、かなり突っ込み所満載のストーリーになり、
やっつけなシーンが自分のツボにはまり、この部分は面白かったです。

本当に余計なお世話なのだろうけど、
リーアム・ニーソンが今後、どんな路線で行くのだろうかと
観ていて心配になってしまった映画でした。

アンノウンのパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: アンノウン

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/846

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29