127時間

| | コメント(0) | トラックバック(0)

スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督の最新作で、
スパイダーマン」のグリーンゴブリンの息子で、
今年のアカデミー賞の司会で空回りし続けたジェームズ・ブランコを主演に迎えた、
登山家アーロン・ラルストンの実話を映画化した「127時間」を観てきた。

ストーリーは
2003年、当時27歳だったアーロンは
一人でユタの険しい谷へロッククライミングに行くが、
誰も通りそうにない谷間で落下し、右手を岩に挟まれてしまう。
そこから5日間、身動きの取れなくなったアーロンは必死に脱出をはかるが・・・。

いや、まさか自分の身にあんな事が起きるとは予想もできませんでしたよ。

実在する登山家の自伝小説が基になっているので、
谷底で右手を岩に挟まれてしまって、身動きができない状況で、
脱出するにはどうするのかは、ある程度予想はできていたけれど、
いざ、それをリアルな描写でやられるとねぇ・・・
(経験がないのでリアルな描写かどうかは不明だけど)。

そのシーンが終わった瞬間に、
吐き気、腹痛、物凄いダルさに襲われ、さらに脂汗が全身から流れてきて、
途中退席してトイレに駆け込みたくなりましたが、
どうにか我慢し、エンドロールまで乗り切りましたよ。

ただ、意識が朦朧としていたせいなのか、
ラストの10分位はあんまり記憶に残ってないんですよね。

ホラーやスプラッター等は何の問題もなく観る事ができるのに、
今回、自分がこんな結末を迎えた事が、かなりショックです。

物語は、ほとんどをジェームズ・ブランコが一人で演じているので、
最初は全然物語りに入って行く事ができず、正直退屈な展開だったけれど、
途中からアーロンが今までの人生を振り返りながら、
自分自身と逃げずに向かい合い、自分を見つめ直し、
心の底から「生きたい」と望み、決断するまでの心情の変化の描写が見事で、
どんどん引きこまれて行き、目が離せない所で問題のシーンに至るわけです。

確かに問題のシーンは、自分にとって問題でしたが、
ただの脱出するだけの話になりがちな物語に
アーロンの今までの人生をフラッシュバックさせ、
人間として成長していく過程を盛り込んだ内容にした
監督のダニー・ボイルは凄いと思うし、
127時間で自分の人生を一変させる事になる主人公を演じた
ジェームズ・ブランコの演技も見事だったと思います。

本当に凄い映画だったと思うのだけど、
プライベートライアン」同様に、
良い映画だけど、もう見る事はないだろうなというのが観終わった感想です。

しかし、良い映画だったのは紛れもない事実なので、
是非、原作を読んでみたいと思っています。

127時間のパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 127時間

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/879

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29