プリンセス トヨトミ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

万城目学原作、堤真一、綾瀬はるか出演の
プリンセス トヨトミ」を観てきた。

ストーリーは
1615年の大阪夏の陣で断絶したはずの豊臣家の末裔が今も生きつづけ、
大阪の男たちは400年もの間その秘密を守り続けていた。
国家予算が正しく使われているかを調査する会計検査院の精鋭3人は、
ふとしたことからその真実を知ってしまい、
大阪の公共機関や商業活動など、あらゆる機能が停止する一大事件に巻き込まれていく。

予告編を観た限りだと、内容が全く分からなかったので、
・会計がメインになる話
・プリンセスを探す話
と、勝手に想像してしまい、
最初は観ようか、どうしようかと考えていたのですが、観て正解でしたね。

凄く良い映画でした。

「大阪国」という奇想天外な話ではあったけれど、
物語の根底には「父と子」という軸がぶれずに流れ続け、
映画自体に疾走間や爽快感はないものの、
物語がどのように進んでいくのか予想できないまま、
飽きる事無くラストまで観続ける事ができました。

女性から観たらどうなのか分かりませんが、
自分も歳を取ったせいか、「父と子」の部分がグッときましたね。

主演の「鬼の松平」役の堤真一と
大阪国総理大臣の中井貴一との会談のシーンは見応えがあり、
二人とも長い台詞をこなしている姿は流石でした。

今まで中井貴一って、あまり好きな俳優ではなったけれど、
この「プリンセス トヨトミ」のお陰で少し考えが変わりました。

そして、綾瀬はるか。

最初は「演技をしているのか?」という感じでしたが、
どうやら、そういうキャラだったようでいい味を出していました。

特に全停止した大阪の街を走るシーンでは、
胸が凄く揺れていたのが印象深いシーンであり、一番の見所でしたね。

あと、子役の二人の演技が上手かった事が
映画を引き締める事にも繋がったと思います。

多分、原作を読むと全然話が違うと思うので、
まだ原作を読んだ事がない人にはお勧めの映画です。

プリンセス トヨトミのパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: プリンセス トヨトミ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/874

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29