バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3

バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズの堂々の完結作。

1885年のアメリカ西部を舞台にマーティ、ドク、そしてビフの因縁が見事に決着します。

ストーリーは
1955年11月12日に取り残されたマーティは、
1885年からのドクの手紙を片手に、この時代のドクを訪ね、
1885年にドクが鉱山の廃鉱に隠したデロリアンを壊すためそこに向かうが、
デロリアンを探し出した彼が見たものは、1885年に殺されたドクの墓だった。
犯人は、ビフの曽々祖父ビュフォード・タンネン。
マーティはドクの危機を助けるべく、1885年の開拓時代へと向かう。

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」と同時撮影だったため、
約半年空けての公開となり、前作の興奮が覚める事なく3作目になだれ込んでいけましたね。

内容は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」版西部劇のような感じで、
ドクの恋も描かれていたりして、完結編としては幕引きへ向けての強引な展開もなく、
とても面白い内容の映画でした。

特に自分の印象に一番残っているのが、
マーティが自分の名前を名乗る時に「クリント・イーストウッド」と名乗る所ですね。

当時、中学生だった自分はクリント・イーストウッドなんて知らなかったけれど、
マイケル・J・フォックスの真似をして、よく同じ台詞を言っていたものです。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART4」待望論もありましたが、
ドク役のクリストファー・ロイドが高齢のため続編は作らないとの事でしたが、
クリストファー・ロイドではなく、マーティ役マイケル・J・フォックスが
パーキンソン病になってしまったのは皮肉にも思えますが、ただただ残念です。

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3のパンフレット

 

そんな中、今日「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のど偉いニュースが飛び込んできました。

何と「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」でマーティが履いていた
ナイキのシューズが「NIKE MAG」として1500足限定で、遂にリリースされるんですよ!

 

ただ、販売方法に問題があって、eBayのオークションで一日150足ずつ、
10日間オークション形式で販売し、
売上を「マイケル・J・フォックス パーキンソン病リサーチ財団」に寄付するというもの。

 

考え方は素晴らしいと思いますが、これ絶対に買えないよね。

それなら一足3万円くらいで受注生産とかにして欲しかったな...。

まあ、今回の購入は難しいと思いますが、通常の形態で販売されるまでは
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のブルーレイでも見て、気長に待ちたいと思います。

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/926

コメントする

2013年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30