荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論

| | コメント(0) | トラックバック(0)

「ジョジョの奇妙な冒険」でお馴染みの
荒木飛呂彦先生がこよなく愛し、さらに多大な影響を受けたホラー映画を
「偏愛的ホラー映画100選」として独自の視点で解説している
荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論」を読みました。

自分もホラー映画は結構観ている方なので、
どんな映画が出てくるのだろうかと興味津々でしたが、
100作品の内、観た事がある映画、名前だけ知っている映画、全く知らない映画が
それぞれ1/3ずつあり、改めて荒木先生の造詣の深さを思い知らされました。

まず、「まえがき」で紹介されている映画が「プレシャス」という時点で、
「何で?」と、意表を突かれ、グイグイ惹き込まれていきました。

その他にも章のタイトルで、「田舎に行ったら襲われた」系ホラーという
秀逸なタイトルが出てきたりと、真正面からホラー映画を捉えないで、
色々な角度から時には真剣に、時には面白く解説しているのが新鮮でしたね。

荒木先生が選ぶホラー映画ベスト20の中に、
アイ・アム・レジェンド」や「ナインスゲート」がありましたが、
自分は微妙に思う作品だったので、これは意外でした。

あと文中で「ドーン・オブ・ザ・デッド」に触れていなかった事、
スクリーム2」と「スクリーム3」も絶賛していた事、
さらに「ファイナル・デスティネーション」もホラー扱いしていた事など、
挙げればキリがありませんが、とにかく最後まで映画好きには楽しめる内容でした。

もっと深く掘り下げた内容での続編を期待しています。

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/919

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29