F1日本グランプリ 決勝

| | コメント(0) | トラックバック(0)

決勝レースが行われる今日も晴天に恵まれ過ぎて、
帽子と日焼け止めがないと大変な一日となりました。

今日は決勝レースの前座として、
あのレジェンド中嶋悟がロータスジャッドを駆って登場。

コースを2周して、とっとと帰って行きました。

そしてメインの決勝が15:00に開始。

やはり昨日の予選とは違い、
全24台が走り抜けていく光景とエンジンの音は圧巻でした。

53周のレースは色々とあり、
優勝はマクラーレンのバトン、2位にフェラーリのアロンソ、
3位にレッドブルのベッテルが入り、ここ鈴鹿で今年のワールドチャンピオンを決めました。

小林可夢偉は13位と結果を残すことができず、残念な結果に。

といった感じの初鈴鹿に大満足だったのですが、
レース終了後に開催された「西コースウォーク」にも参加し、
先程までF1マシンが走行していた実際のコースを歩いてきました。

タイヤの跡が生々しい縁石を直に踏めたり、

あの立体交差も通過し、

天井部分を撮影。

最初は楽しかった「西コースウォーク」ですが、
予想以上の距離に疲れが出てきてしまい、テンションはガタ落ちに。

1時間以上かけて、どうにかゴールが見えてきました。

「西コースウォーク」時に拾ったタイヤカス。

その後はピットの撤収作業を眺めつつ、

今年の鈴鹿も終ってしまったと実感しました。

昨日も撮影したパネルが空いていたので、人気チームのパネルを撮影しました。

ワールドチャンピオンを決めたベッテルさんとその他一名。

永遠の憧れのフェラーリの二人。

道端さんの彼氏のバトンさんと暴れん坊。

といった撮影をしつつ、
赤福を買えなかった悔しさを胸に鈴鹿を後にしました。

初めての鈴鹿でのF1体験は、とても面白かったのですが、
次回訪れる時は、ヘリコプターで来場し、VIP席で堪能したいものです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: F1日本グランプリ 決勝

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/943

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29