麺処 銀笹

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ネット上でかなり評価の高いラーメン屋の「麺処 銀笹」に行ってきました。

住所は銀座8丁目だったけど、分かりにくい場所だったので、
店まで辿り着くのに結構苦労しましたよ。

銀座8丁目にあるドン・キホーテを越えた先にある歩道橋を降りてすぐにある
大き目のガソリンスタンドの裏側に目的の店がありました。

麺処 銀笹

何でも元和食の料理人が始めたラーメン屋らしく、
「和」な味が売りで、その中でも塩ラーメンが人気のようだったので、
「銀笹つけ麺」の塩味の食券を購入して席に着きました。

店に着いたのが18時過ぎ位だったので、
最初は自分以外にお客さんはいませんでしたが、
あっという間に満席になったのには驚かされました。

まず最初にラーメン屋なのに、お通しが出されます。

お通し

このキャベツ、美味かったっす。

そして待つ事、10分程でつけ麺とご対麺となりました。

つけ麺としては珍しい細縮れ麺。

銀笹つけ麺塩

つけ汁には鯛のつみれが2個浮いています。

銀笹つけ麺塩

味は本当に上品で、
今までのつけ麺の概念を変えてくれるような美味しさでしたね。

ただ、問題だったのがつけ汁に浮いていた2個の鯛ボール(つみれ)。

事前の情報で塩ラーメンには鯛ボールが入っているのが分かっていたので、
つけ麺なら大丈夫だろうと油断していたら、この鯛ボール×2個ですよ。

自分、実は魚介類が大嫌いなんです。

そんな自分に対して罰ゲームの如く、
時間が経てば経つ程、つけ汁に鯛ボールのエキスが染み出してきて、
つけ汁の危険度指数が上がってきてしまうので、
上品な店内で、一人自分だけ物凄い勢いでつけ麺を食していき、
対して味わう事もなく、5分もかからないで食べ終わりましたよね。

でも、この「悪の枢軸」の鯛ボール×2個だけは、どうしても食べられなかった。

麺を食べ終わり、店員さんに「スープ割りしますか?」と
声を掛けられる前に物凄い勢いで脱出しました。

多分、この店の名物である鯛ボール×2個に
一切手を付けなかったのは自分だけなんだろうな・・・。

口の中には上品な塩の味と、鯛ボール×2個のエキスが拡がり、
そして自己嫌悪に陥りながら「麺処 銀笹」を後にしました。

「麺処 銀笹」のマスターさん、
名物である鯛ボールを残してしまってごめんなさい。

次回、訪問する際には勇気を出して
「鯛ボール抜きで」と言ってみようと思います。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 麺処 銀笹

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/940

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29