図書館戦争

| | コメント(0) | トラックバック(0)

有川浩著の「図書館戦争シリーズ」がようやく文庫になったので、
シリーズ第一作目となる「図書館戦争」を読みました。

ストーリーは、
2019年(正化31年)。
公序良俗を乱す表現を取り締まる「メディア良化法」が成立して30年。
高校時代に出会った、図書隊員を名乗る"王子様"の姿を追い求め、
行き過ぎた検閲から本を守るための組織・図書隊に入隊した、一人の女の子がいた。
名は笠原郁。不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、
エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが・・・

この「図書館戦争シリーズ」は、
過去にフジテレビの深夜番組で放送されていたのを何度か見た事があり、
意外と面白かったので、小説を読んでみようと書店に行き、探したけれど、
出版されてから数年経過しているのにも関らず、ハードカバーしかなかったんですよね。

さすがにハードカバーを買ってまで読もうとは思わなかったので、
スルーしていましたが、今回シリーズ全6冊が文庫となり、リリースされたので、
購入し、読破しましたが、感想としてはアニメで見たものとは違い、
「甘~い」内容だったなといった感じです。

図書隊の戦いがメインで話が展開していくのかと思っていたら、
以外にも主人公、笠原郁の恋愛がメインのストーリーで拍子抜けしてしまいました。

そもそも、作者の有川浩氏が男性だと勝手に勘違いをしていたようで、
実際は「ありかわひろ」という名前の女性作家さんでした。

そりゃ、こそばゆい恋愛話が出てくるわけですよね。

この「図書館戦争」はこんな感じの内容でしたが、
続編からは戦闘色が強くなるよう期待しつつ、読み続けたいと思います。

それにしても、主人公の笠原郁のキャラクターが、
「パトレイバー」の泉野明にかぶってしまっていると感じるのは、気のせいだろうか。

図書館戦争

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 図書館戦争

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/941

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29