大マラへの道15

| | コメント(0) | トラックバック(0)

●大阪マラソンを振り返って-惨敗編-

徹ちゃんとの遭遇を終えた後もコース上は大渋滞のまま、
多分、10kmまでは走りにくい状況が続いていたと思います。

大阪マラソン

走り始めてから直ぐに右膝の痛みが出てきたのですが、
結果として、この右膝の痛みは最後までなくなる事はありませんでしたが、
致命傷になる事もありませんでした。

それよりも、スタート前にスポーツドリンクを飲み過ぎたせいなのか、
それとも、当日の気温が低かったせいなのか、
あれだけ気をつけていたトイレに行きたくなってしまい、
5km地点で空いているトイレを発見できたので、早めにリフレッシュしました。

簡易トイレの前で順番待ちをしていて、
目の前の扉が開き、サザエさんのコスプレをしている人(男)が出て来た時は、
さすがに驚きましたし、面白かったし、癒されましたね。

その後は順調に走る事ができ、難波駅前を通過し、

大阪マラソン

心斎橋のアップルストア前を通過。

大阪マラソン

ここら辺りで先頭集団とすれ違い、シモン選手の姿を確認する事ができました。

そして中ノ島に浮かぶ、ひよこちゃんに癒され、

大阪マラソン

中央公会堂を通過し、

大阪マラソン

チャレンジランのフィニッシュの大阪市役所も通過。

大阪マラソン

ここまでは、かなり順調だったのですが、
大阪ドーム付近にあった上り坂の辺りで一気に足にきてしまいました。

大阪マラソン

ここからは走ったり、歩いたりの繰り返しになってしまい、
しかも雨が降ったり、止んだりという怪しい状況に。

そんな中、なんばの歌舞伎座の前を通過。

大阪マラソン

この歌舞伎座の写真がマラソン中の最後の写真となりました。

この後は正直、身体が限界になり写真どころじゃなかったですし、
コース自体も、あまり特徴がないパッとしないものでしたからね。

ここからゴールまでの展開としては、
25km~30km辺りで急激な寒さと眠気に襲われ意識朦朧となり、
知人に電話をかけまくって、どうにか現実の世界にしがみきました。

給水でアミノバリューと水を飲みすぎ、単調な味に飽きてしまったせいなのか、
なぜかコーラーを飲みたくなってしまい、危うくコンビニに買いに行きそうになったり、
天下一品の看板を見つけた時には、あの濃厚なラーメンを食べたくなるという
危険な時間帯がありましたが、30kmを過ぎるとこの感覚も消えていきました。

その後は東京マラソンと全く同じで、
完全に歩き始め、その後土砂降りの雨になり、
震えながらゴールし、まともに歩けなくなるというものでした。

ゴールして、完走メダルをもらい、タオルを受け取り、
20分くらいかけて着替えが終る頃には雨が洒落にならなくなってました。

もちろん傘など持って来てなかったのですが、
インテックス大阪の売店にあった最後の一本の傘をゲットという幸運に恵まれ、
左足を引き摺りながら、「さらば、大阪マラソン」と呟き、ホテルへと帰りました。

(続く)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 大マラへの道15

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/963

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29