パラノーマル・アクティビティ3

| | コメント(0) | トラックバック(0)

パラノーマル・アクティビティ」シリーズの第3作目にして、
物語の起源となる内容となった「パラノーマルアクティビティ3」を観てきた。

ストーリーは、
カルフォルニア州サンタローザ。
1988年9月10日から2週間に及びホームビデオに記録された、
ケイティ、クリスティ姉妹とその家族が体験した身も凍るような出来事。
少女たちが鏡の前で行う「怖い遊び」を始めとする無数の超常現象・・・。
やがて記録された映像は、次第にエスカレートし、家族に対し牙をむき始める。

前作の「パラノーマル・アクティビティ2」が今年の2月に公開され、
この「パラノーマル・アクティビティ3」がまさかの9ヵ月後の年内に公開。

「ちょっとペースが速過ぎませんか?」と思いましたが、
まあ、この映画は制作費があまりかかっていないから、連発が可能なのでしょう。

「パラノーマル・アクティビティ3」では、
前2作に登場したケイティ、クリスティ姉妹の幼少の頃が描かれ、
なぜ二人が超常現象に襲われる事になったのかが描かれていたはずだけど、
「う~ん」といった感じで、ちょっと消化不良な感は否めなかったですね。

パラノーマル・アクティビティ」シリーズの売りの定点カメラの映像も、
やはり3作目ともなるとネタも出尽くしてしまい、
普通の展開ではもう驚かなくなっちゃっているんでね・・・。

それでも、広いリビングをカメラで写そうとして、
扇風機を上手く利用し、カメラを首振りモードで動かして撮った映像は良かったです。

映像が右から左に動いて行き、また右側に戻った時に変化が起きているシーンでは、
カメラが動いていくに従って、心臓の鼓動が早くなっていきましたよ。

一応、物語の起源が判明したのですが、このシリーズはまだまだ続くのでしょう。

できる事なら、続編では初心に戻ってもらい、
もっと超常現象で勝負してもらいたいと思います。

パラノーマル・アクティビティ3のチラシ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: パラノーマル・アクティビティ3

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/977

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29