西武ライオンズの帽子

| | コメント(0) | トラックバック(0)

NEW ERAの帽子が好きです。

初めてNEW ERAに出会ったのは中学生の時。

幼馴染が夏休みにアメリカ(どこの都市だったかは忘れた)旅行に行き、
帰国後に遊んだ時にヤンキースの帽子を被っていたんですよ。

最初は違いに気が付かなかったけれど、帽子の後ろを見てみると、
アジャスターと半月型の穴が開いていない初めて見る形の帽子で、
今となっては当たり前ですが、帽子にもサイズがあるという事を学びましたし、
この時に物凄い衝撃を受けましたね。

人に影響を受け易い性格なので、同じモデルの帽子が欲しくなり、
偶然にも兄がカリフォルニアに旅行に行く事になったので、
メジャーリーグ」を観て知った、ホワイトソックスの帽子を頼み、
お土産として買ってきてもらったのは、良い思い出です。

その後、20歳くらいの時に渋谷のバックドロップに寄った時に、
目を疑う光景に出くわし、第二次NEW ERAブームが自分に起こりました。

これも今となっては当たり前ですが、バックドロップには、
赤や青、黄色に緑など10色以上の色とりどりのヤンキースの帽子が陳列されていて、
今まであった「野球チームの帽子=一色」という固定概念をブチ壊してくれ、
当時は金を持っていた事もあり、この帽子を毎週一色購入していたものです。

その後、NEW ERAが浸透していくのとは逆比例で、
自分があまり帽子を被らなくなってしまい、少しNEW ERAとは疎遠になってしまいました。

それが、昨年に渋谷の某帽子屋のCOOさんと知り合いになり、
その人と会う度にいつもNEW ERAを被っているので、またしても影響されてしまい、
最近は立て続けにNEW ERAを購入しています。

こんな流れもあり、西武ライオンズの帽子を購入しました。

西武ライオンズの帽子

埼玉を本拠地としているけれど、自分の地元からは遠く、
あまり愛着がないというのが正直なところなのですが、
実は小学生の頃、1年間だけファンクラブに入っていた事がありました。

それが理由で今回、帽子を購入したのではなく、
今回、購入に至った本当の理由は帽子にデザインされている「レオ」のマークです。

これ「ジャングル大帝」が基になっているのは一目瞭然ですよね。

あの手塚治虫先生がデザインしたキャラクターが帽子に付いているなんて、
何て素晴しいのだろうと子供ながらに感動していたわけですよ。

それが何を血迷ったのか、数年前に西武ライオンズはこの「レオ」を捨て、
「L」がデザインされた帽子に変更するという暴挙に出てしまったのです。

この西武ライオンズの「レオ」の帽子と、
岡本太郎先生がデザインした、今は亡き近鉄バッファローズの「猛牛」帽子は、
日本人として後世に受け継ぐべき神聖なものだと思っていましたが、
あっさりと両方とも無くなっちゃいましたからね。

そりゃ、ゆとり世代も生まれるわけですよ・・・。

前置きが長くなりましたが、
NEW ERAのサイトを見ていたら、なぜか「レオ」帽子があったので、
上記のような理由もあり、気付いた時には注文を完了していました。

デザインは当時の帽子を完璧に復刻していますが、
帽子の左側に「NEW ERA」マークが入っています。

西武ライオンズの帽子

今年のライオンズはこの帽子を被っていないので、
なぜ、このタイミングで発売されたのかが分からないのですが、
とても良い買物ができたと喜んでおります。

一応、西武ライオンズのライセンスのタグがあるので、
正規品なのは間違いないようです。

西武ライオンズの帽子

来年には是非、近鉄の「猛牛」帽子を発売して欲しいと切に願っております。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 西武ライオンズの帽子

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/946

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29