図書館内乱

| | コメント(0) | トラックバック(0)

図書館戦争」シリーズの第二作目の「図書館内乱」を読みました。

ストーリーは、
図書隊の中でも最も危険な任務を負う防衛隊員として、
日々訓練に励む郁は、中澤毬江という耳の不自由な女の子と出会う。
毬江は小さいころから幼馴染の図書隊の教官、小牧に密かな想いを寄せていた。
そんな時、良化隊が郁が勤務する図書館を襲撃、いわれのない罪で小牧を連行していく。
かくして郁と図書隊の小牧奪還作戦が発動した。

前作の「図書館戦争」がほのぼのとした内容だったので、
この「図書館内乱」では展開が激しくなるかと期待をしたのですが、
今回も期待した程ではなかったですね。

そもそも、そういう話ではないのかもしれませんが・・・。

それでも良化隊との戦いだけではなく、
図書館内の派閥の抗争などの今後へと繋がる布石が描かれていて、
さらに、鞠江と手塚彗も登場してきたので、
これからの小牧と毬江、手塚兄弟の展開に期待しています。

物語の中で毬江ちゃんが読んでいて、問題を引き起こす事になった本が
どうやら「レインツリーの国」というタイトルで発売されているようです。

こちらも時間があったら読んでみたいと思っています。

図書館内乱

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 図書館内乱

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/976

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29