マネーボール

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ブラッド・ピット主演、「カポーティ」のベネット・ミラー監督作の
アスレチックスのGM、ビリー・ビーンにスポットを当てた「マネーボール」を観てきた。

ストーリーは、
メジャーリーグの野球選手だったビリー・ビーンは、
引退後オークランドアスレチックスのゼネラルマネージャーとなる。
しかし、財政が苦しいアスレチックスでは、せっかく育てた有望選手を、
強豪球団に引き抜かれるという事態が続いていた。
チームの立て直しを図るビリーは、
統計データを使って選手の将来的価値を予測するという「マネーボール理論」を導入。
イェール大卒のピーター・ブランドと共に、チームの改革を進めていく。

最初は「メジャーリーグ」のような感じの映画かなと思っていましたが、
やはり実話に基づいた話なので、当然ながら真面目な内容でした。

自分は、ビリー・ビーンも「マネーボール理論」も
アスレチックスの快進撃も知っていたので、難なく物語に入っていけましたが、
これらを知らない人には、意味が分からない映画になっていたような気がします。

控え室の選手達の様子や、シーズン前の補強へと至る過程が描かれ、
さらに、トレード期限ギリギリのGM同士の攻防も見れ、面白かったですね。

映画的にどこをクライマックスに持ってくるのかと思っていたら、
やはり20連勝を持ってきて、ここに繋がる選手に前半から焦点を当てて、
物語を構築していったのは当然と言えば当然でした。

アスレチックスの監督に、フィリップ・シーモア・ホフマン、
ビリー・ビーンの分かれた妻役に、久しぶりに見たロビン・ライトと
脇を固める俳優も豪華でしたが、印象的だったのが、
ビリーを補佐するビーター役のジョナ・ヒル。

コメディアン出身のようですが、存在自体が良い味を出していました。

映画の本質は野球チームを強化する面なのですが、
ビリーの内面の葛藤の変化を離れて暮らしている娘との交流を通して描き、
物語の根底に流れるテーマになっていました。

この娘がギターの弾き語りで歌う歌が、とても素晴しく、
歌声も「Frente!」を聞いているようで、自分の耳に心地良く響きました。

当時は斬新だった「マネーボール理論」も、
現在では、メジャーリーグのほとんどのチームが導入してしまい、
また金持ちチームが強い構図に戻りつつありますが、
アドバンテージを失ってしまったビリー・ビーンの今後の活躍に期待したいです。

そして、この「マネーボール」を観に行く際は、
是非、「マネーボール理論」を少し勉強していく事をお勧めします。

コレさえ理解すれば、楽しめる良い映画だと思います。

マネーボールのパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: マネーボール

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/978

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29