2011年12月アーカイブ

2011→2012

| | コメント(2) | トラックバック(0)

今年も一年ありがとうございました。

「決着」をテーマにした一年でしたが、
色々な物事を抱えたままの年越が確定してしまいました。

さらに年末に
「ハイソックス」
と、罵られた事により、心に深い傷を負ってしまいました。

この事を肝に銘じ、
来年は人に優しい人間でありたいなと思っております。

それでは、皆さん良いお年を。

2011年の最後のゴルフを、
去年と同じ12月30日に、同じコースの広陵カントリークラブで、
これまた去年と全く同じの7時18分スタートでラウンドしてきました。

去年が極寒だったので、完全防寒仕様でコースに臨みましたが、
今日は風もなく、穏やかな気候だったので年末とは思えない最高のコンディションでした。

今年は昼休憩も1時間半ほどでしたし、
後半のランドも待たされはしましたが、かなりの覚悟をしていたので、
それ程、ストレスを感じる事はありませんでした。

これが幸いしたのか、二桁を叩いたコースがなく最後までラウンドできました。

これで今年の打ち納めとなりましたが、
来年の年末もこのコースでラウンドしてるような気がします。

今年も自分が2011年に劇場で観た映画の中から
一番満足度の高かった映画と、一番満足度の低かった映画を
勝手に決定したいと思います。

今年は「相棒-劇場版Ⅱ-」から
ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル」まで

1月:8作品

2月:7作品

3月:4作品

4月:2作品

5月:6作品

6月:7作品

7月:5作品

8月:3作品

9月:5作品

10月:5作品

11月:8作品

12月:3作品

の計63作品の映画を劇場で観ることができましたが、これは観過ぎだな・・・。

満足度の高かった映画のノミネートは以下の5作品。

ソーシャル・ネットワーク

SOMEWHERE

ブラック・スワン

モールス

コンテイジョン

次に満足度の低かった映画のノミネートは以下の5作品。

ヒア アフター

アンノウン

アジャストメント

スカイライン -征服-

ミッション:8ミニッツ

一番満足度が高かったのは、「ブラックスワン」です。

モールス」の切なさが、今でも印象深かく心に残っているし、
コンテイジョン」のストーリー展開も良かったのですが、
やはり、あのナタリー・ポートマンの狂気を目の当たりにしてしまうとね。

そして、一番満足度が低かったのは、
アジャストメント」と「ミッション:8ミニッツ」との争いになりましたが、
「ミッション:8ミニッツ」に決定しました。

この両作品に共通して感じた事は、物語の設定が定まっていなかったんですよね。

それでも過去の「NEXT」や「ノウイング」に比べれば、
かなり良かったのですが・・・。

今年は多くの映画を観ましたが、やはり田舎の映画館がメインだったため、
普通の大作がメインになってしまったのが残念なところです。

来年は、もっと単館系の映画を観ようと思いますし、
そして3Dブームも本当に滅びて欲しいと強く願っております。

ミッション:インポッシブル」シリーズの最新作、
トム・クルーズ主演の「ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル」を
今年最後の一本として観てきた。

ストリーは、
IMF エージェントのイーサン・ハントは、ロシアのクレムリンに潜入し、
コバルトという男の情報を取り戻すというミッションに参加する。
しかし、彼らの潜入中に何者がクレムリンを爆破してしまう。
IMFの犯行とみなすロシアとの関係悪化を恐れ、
米国は"ゴースト・プロトコル"を発動し、IMFの機能を停止させた。
しかし、コバルトが核戦争の勃発を計画している事に気付いたイーサンは、
チームの4人だけでコバルトを追うのだった・・・。

「ミッション:インポッシブル」は全て観ていますが、
単調なストーリー展開と、トム・クルーズの一人舞台が、
あまりにも子供の頃に好きで見ていた「スパイ大作戦」とかけ離れていて、
違和感を感じてしまい、「う~ん」てな感じだったんですよ。

でも、今回の「ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル」では、
「スパイ大作戦」までとはいかないけれど、
チームの個々のメンバーの役割がはっきり分かれていて、
それぞれの個性を活かしていたので、楽しむ事ができました。

その中でもジェレミー・レナーが良かったですね。

噂では、いずれトム・クルーズから主役の座を引き継ぐとの事でしたが、
映画の中でも1作目でトム・クルーズが見せ場としてやったダイブを
今作でジェレミー・レナーがやっていたので、本当にそうなるかもしれません。

あとは殺し屋役のレア・セドゥーが、とても美人でした。

最後のドタバタは、まるでジャッキー・チェンの映画を観ているようでしたが、

それはそれで良かったのでしょうね。

ダニエル・クレイグをジェームス・ボンドとして迎えてから
現実路線になってしまった「007」シリーズとは対照的に、
この「ミッション:インポッシブル」シリーズは娯楽作となっているので、
両作品とも同じスパイ映画なのに、内容は全く違うのは面白いと思います。

本編とは全く関係ありませんが、
黒い「MacBook Pro」が登場していたように見えましたが、
あれはスクリーンが暗かったせいなのかな・・・。

これが一番気になったので、DVDが出たら確認してみようと思います。

ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコルのパンフレット

自分にクリスマスプレゼントとして、
「シャア専用ニンテンドー3DS プレミアムボックス」を購入しました。

シャア専用ニンテンドー3DS

「シャア専用ニンテンドー3DS」って、
シャア以外は使っちゃダメなような気がしますが、細かい事は気にしないようにします。

この「シャア専用ニンテンドー3DS」は、
SDガンダム ジージェネレーション 3D」の発売を記念して作られたようなので、
もちろん、このソフトも同梱されています。

シャア専用ニンテンドー3DS

肝心の「シャア専用ニンテンドー3DS」ですが、
当然の如く、赤い3DSにシャア(一年戦争)、クアトロ、シャア(逆襲のシャア)の
3人のシルエットがデザインされています。

シャア専用ニンテンドー3DS

背面も赤です。

シャア専用ニンテンドー3DS

画面は普通に販売されている3DSの赤と同じ感じです。

シャア専用ニンテンドー3DS

少し3DSをいじってみましたが、
流石に動きが3倍とまではいきませんが、技術の進歩は凄いですね。

ダウンロードプレイや、ARゲームなど驚きの連続ですよ。

ただ、3Dで画面を見ていると、
直ぐに気持ちが悪くなってしまう仕様はどうにかして欲しいものです。

あとは、少しだけプレイしてみた「SDガンダム ジージェネレーション 3D」が
かなり微妙だったので、直ぐに売っぱらって、「マリオカート」でも買おうと思います。

先月の
一番くじ ジョジョの奇妙な冒険 第三部 スターダストクルセイダース~BLACK SIDE~
に続き、2ヶ月連続での一番くじとなった、
「一番くじ ジョジョの奇妙な冒険 アニバーサリーズ」に挑戦しました。

今回はアニバーサリーズという事もあってなのか、
本屋でしか展開されていなかったので、開催している店が少なく、
どうにか上野駅のブックエキスプレスでくじを引く事ができました。

前回のトト神のノートに精神をやられてしまっていたので、
実はあまり乗り気ではなかったのですが、それでも、くじを引く直前には
「フィギュアが当たったら持って帰るのが大変だな」と心配をしていたものです。

1回600円のくじに2回チャレンジ。

結果は一番下のJ賞が2つ当たりました・・・。

J賞

中身は「キラークイーン」と、

キラークイーン

「メイド・イン・ヘブン」でした。

メイド・イン・ヘブン

そして、ジョジョのしおりをもらいました。

ジョジョのしおり

はっきり言って、今回も惨敗です。

このまま「一番くじ」からは足を洗おうと真剣に考えています。

1995年頃のハイテクスニーカーブームを牽引していたのが、
ナイキの「AIR MAX95」、リーボックの「PUMP FURY」、
そしてプーマの「DISC BLAZE」の3モデルだった。

当時の自分は完全にナイキ派だったので、PUMAとは縁がありませんでしたが、
友達が履いていた事と、スニーカーが特集されている雑誌で、
アルタ内にあるスニーカー屋の太った人が「DISC BLAZE」を押していたのが印象的で、
気にはなっていたスニーカーでした。

その後も何度か復刻という形でリリースはされているのですが、
なぜか、常軌を逸したカラーリングばかりでスルーせざるをえなかったんですよね。

そして時は流れ、今シーズンのビームスのカタログを見ていて、
唯一、心に引っかかったのがビームス別注となる「DISC BLAZE」だったわけですよ。

「これだ」と思い、直ぐに電話で予約をしました。

こんなに素早く動いたのは、
10年以上前に同じくビームスが別注をかけたナイキの「HUARACHE LIGHT」以来です。

予約をしてから約1ヶ月程で入荷連絡が届いたので、
仕事帰りにビームス大宮まで取りに行きましたが、
その時の店員との会話に時の流れを感じさせられました。

何でもこの「DISC BLAZE」を購入している客は、ほとんどが30歳以上らしく、
20代の客は一切、興味を示していないようで、
さらに、ビームスの店員でも20代の店員はこの「DISC BLAZE」に対しては、
正直、微妙な反応しか示さないとの事でした。

まあ、自分から見ても、小学生が履くような靴に見えなくはないですからね・・・。

それはさておき、色は黒を購入。

PUMA Disc Blaze LTWT × Beams

肝心のディスクの部分はクリアです。

PUMA Disc Blaze LTWT × Beams

ヒールのパーツがいいですね。

PUMA Disc Blaze LTWT × Beams

ビームス別注を示すビームスのロゴマーク。

PUMA Disc Blaze LTWT × Beams

そしてビームスの文字も。

PUMA Disc Blaze LTWT × Beams

中敷はビームスのコーポレートカラーのオレンジ。

PUMA Disc Blaze LTWT × Beams

そして箱です。

PUMA Disc Blaze LTWT × Beams

冷静に考えると「ん?」という感じもしますが、
これはこれで、いい思い出になったと思えます。

ちなみにビームスから、この「DISC BLAZE」のディスク部分を
紐に代えたバージョンの靴が発売されるようですが、
そちらには全く興味がありませんので、あしからず。

ジャポネ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

世の中には凄い店があるんですね。

今日は自分がいかに無知かという事を痛感させられたお話です。

有楽町といえば最近、ルミネや阪急メンズ館がオープンし、
今までとは違った新しい大人の街として話題になっていますが、
今回、自分は昔ながらの、昭和の臭いがする大人な店で食事をしてきました。

職場のS氏(@デジカメとハムが当選)がネットで「むさしや」に似た店を発 見したんですよ。

カウンターのみので、メニューはスパゲッティ中心、
さらに値段は安いという優良店の有楽町にある「ジャポネ」というお店。

自分、相当暇なんで早速行ってきました。

まず、有楽町の駅を出て目に飛び込んできたイルミネーションに一瞬、
「俺はなぜ有楽町まで来て、スパゲッティを食べなければならないのだ」と、
心が折れてしまい、意味もなくイトシアに入りそうになりましたが、
そこは自分をごまかして「ジャポネ」がある「銀座インズ3」に向かいました。

有楽町のイルミネーション

自分で言うのも何ですが、「むさしや」のメニューをほぼ制覇しているので、
かなりの余裕をかまして「ジャポネ」に突撃しましたが、返り討ちに遭いましたね。

ジャポネ

まず、物凄い行列。

平日の18時30分くらいなのに、15人以上並んでいました。

この行列に並んでいる人達と、隣にあるマクドナルドで食事をしている人達とで、
客層が水と油の如く全く違っていたのが、とてもシュールな光景でした。

さらに自分の前に並んでいる人がなぜかiPodの音を全開にしていて、
周囲にレゲエを流すサービスを行い始めるというサプライズが発生。

他の並んでいる人達が全くレゲエに反応しないので、
一瞬、自分のiPhoneが誤作動し、音楽が流れ出したのかと思いましたが、
そもそもライブラリにレゲエの曲は入ってないので、この時点で犯人は前の奴に確定。

「ちょっと自由過ぎやしませんかい?」と思いましたが、
いかんせん自分は今回が初めての訪問のだったので、
行列でレゲエはOKという暗黙のルールがあるのを知らなかっただけだと思います。

ですので、「ジャポネ」の行列でレゲエはOKです(多分)。

列で待つ事、15分で着席でき、
ナポリタンを注文しようとしたら、衝撃の事実が発覚しました。

何とナポリタンにエビが入っているのです。

この時点でナポリタンが選択肢から消えたので、
ここはお店の名前が付いている「ジャポネ」という和風スパゲッティを注文。

大きさは「レギュラー」、「ジャンボ」、「横綱」の中から、
大盛に当たる「ジャンボ」を注文し、待つ事10分でご対麺となりました。

ジャポネのジャンボ

見るからに凄いボリュームですが、
スパゲッティにしては少し太い麺で、さらに小松菜がたくさん入っていて、
それ程濃くない醤油味の味付けで、意外と上品な味わいで美味しかったです。

これで650円は破格です。

この「ジャポネ」の「ジャンボ」を食べ終わったタイミングで、
いきなりカウンター内のマスターから話しかけられ、
「お兄さん、『ジャンボ』は余裕でしょ。次は『横綱』を頼みなよ」と、
激励?の言葉をもらいました。

さらにこのマスター、隣で「横綱」サイズを食べている人に、
「お兄さん、『親方』と『理事長』って知ってる?」と話しかけ、
さらに「『親方』と『理事長』は『横綱』より量が多いから」と話は続き、
「『横綱』を食べた人だけが注文できる裏メニュー」と説明したのに、
最後には「次来た時に自己申告で注文して」と話を締め括ったので、唖然させられました。

食事の最中は、背後に行列に並んでいる人達がずらーっといるので、
衆人環視の中でスパゲティを食べるという異様な雰囲気も味わう事ができました。

とにかく何もかもが想像を超えていた店でした。

「むさしや」に続き、この「ジャポネ」のメニューも
全制覇(食べられるものだけね)目指して通いたいと思います。

それにしても、恐るべし有楽町。

●2011年12月26日追記

再び有楽町のイルミネーションを無視して、ジャポネに行ってきました。

今回は閉店間際の20時直前の訪問だったので、
並びは8人程で10分も待たずに席に着く事ができました。

前回、食した「ジャンボ(大盛)」が余裕で完食できたので、
今回は気になっていたメニューの「梅のり」の「横綱(特盛)」を注文しましたが、
これが地獄の始まりだとは、この時はまだ気が付いてはいませんでした。

席に着いてから10分程で「梅のり」の「横綱」とご対麺。

梅のりの横綱

はっきり言って、このビジュアルに圧倒されましたね。

最初は海苔が皿からこぼれないように気を使いながら味わって食べて、
美味しさを堪能していましたが、1/3くらい食べた所で身体に異変が起きてきました。

尋常ではなくのっている海苔を食べ続けたせいで、
体中の水分が急激に失われていき、それに伴い一気に限界がきてしまいました。

ここからは今までの人生が走馬灯のように走り意識が朦朧とする中、
どうやって食べたのか覚えていませんが、どうにか完食していました。

代金を支払った時には物凄く汗をかいていたのを覚えています。

その後、「銀座インズ3」の時間外出口を出た所にあった自動販売機で、
ペプシを購入して、一気に飲みましたよ。

改めて「ジャポネ」という店の恐ろしさを痛感させられた一日となりまた。

ちなみに「ジャポネ」の年内の営業は12月28日までです。

●2012年1月6日追記

今年のジャポネの食べ始めに行ってきました。

年明け間もないのに15人程並んでいて、今年も大盛況のため、
席に着くのに20分くらいはかかりましたね。

今回は年末のリベンジを兼ねて、「インディアン」の「横綱(特盛)」を注文。

注文してから約10分で「インディアンスパゲッティ」とご対麺となりました。

インディアンの横綱

前回の「梅のり」の「横綱」でかなりの痛手を負ったので、
今回はかなりの覚悟を持って「横綱」に立ち向かいました。

この覚悟のお陰なのか、それとも一度経験した慣れなのか、
今回はかなりの余裕を持って「横綱」を完食できました。

ちなみに「インディアン」は、カレールーが足りなくなった場合は、
カレールーの追加ができるようです。

今日はマスターと、ずーっと喋っている客がいるなと思ったら、
どうやら「お願いランキング」(もしかしたら違う番組かも)のADさんだったようで、
近々、ジャポネに取材がくるようです。

このADさん、一番大きいサイズの「理事長」に挑戦していましたが、
半分以上残して撃沈していました。

いつ放送されるのかは分かりませんが、楽しみにしたいと思います。

「スティール・ボール・ラン」完結から6ヶ月。

ジョジョの奇妙な冒険第8部「ジョジョリオン」の単行本が遂に発売となりました。

早速、読みましたが、のっけから意味不明、理解不能のオンパレード。

物語の舞台は4部と同じく杜王町だけど、
まあ、パラレルワールド化しているので繋がりはないと荒木先生は書いていますが、
首に星型の痣があったり、
「吉良吉影」という刺激的な名前が登場したりとゾクゾクする展開です。

それにしても「タマが4つ」なんて・・・。

1巻を読んだだけでは全く意味が分からないので、続巻を待ちたいと思います。

ジョジョリオン1巻

いや~、圧勝でしたね。

南米チャンピオンのサントスを相手に4-0。

一ソシオとしても、非常に喜ばしい事です。

正直に言うと、クラブワールドカップ(CWC)が開催される事を忘れていて、
先日、原宿のナイキストアに立ち寄った際に店内がバルサ一色になっていたので、
バルサが来日しているのに気付いたのです。

そこで目についたのが、このCWCでの来日を記念して作られたというTシャツ。

バルセロナ CWC Tシャツ

「WE ARE ONE」と胸にデザインされているように、
東北の震災に対するチャリティの意味も込められているようです。

バルセロナ CWC Tシャツ

背面はシンプルなデザインで、

バルセロナ CWC Tシャツ

「カタルーニャ旗」、「日の丸」、「エスクード」、「スウォッシュ」が描かれています。

バルセロナ CWC Tシャツ

左袖には、裏原ブランドのTシャツのように、エスクードのタグが付いています。

バルセロナ CWC Tシャツ

このTシャツは、ナイキストアの店員のお姉ちゃんが言うには、
原宿のナイキストアでしか扱っていないとの事でしたが、どうでしょうかね。

何となく決勝が行われた横浜国際で売っていそうな気がするのですが・・・。

でも、ソシオの意味も知らなかった
ナイキストアのお姉ちゃんの言った事を信じてあげようと思います。

このTシャツの他に、パーカーがあって、結構良い感じでしたが、
こちらはSとMしか残っていなく、メタボな自分には厳しい結果となってしまいました。

会計時にレジでバルサのクリアファイルをもらいました。

バルサのクリアファイル

「勝利以上の熱狂がここにある」

まさに今日の試合がこの通りでしたね。

おめでとう、バルサ。

1  2  3

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
Powered by Movable Type 4.1