山田ジョヴォビッチアワード2011

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今年も自分が2011年に劇場で観た映画の中から
一番満足度の高かった映画と、一番満足度の低かった映画を
勝手に決定したいと思います。

今年は「相棒-劇場版Ⅱ-」から
ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル」まで

1月:8作品

2月:7作品

3月:4作品

4月:2作品

5月:6作品

6月:7作品

7月:5作品

8月:3作品

9月:5作品

10月:5作品

11月:8作品

12月:3作品

の計63作品の映画を劇場で観ることができましたが、これは観過ぎだな・・・。

満足度の高かった映画のノミネートは以下の5作品。

ソーシャル・ネットワーク

SOMEWHERE

ブラック・スワン

モールス

コンテイジョン

次に満足度の低かった映画のノミネートは以下の5作品。

ヒア アフター

アンノウン

アジャストメント

スカイライン -征服-

ミッション:8ミニッツ

一番満足度が高かったのは、「ブラックスワン」です。

モールス」の切なさが、今でも印象深かく心に残っているし、
コンテイジョン」のストーリー展開も良かったのですが、
やはり、あのナタリー・ポートマンの狂気を目の当たりにしてしまうとね。

そして、一番満足度が低かったのは、
アジャストメント」と「ミッション:8ミニッツ」との争いになりましたが、
「ミッション:8ミニッツ」に決定しました。

この両作品に共通して感じた事は、物語の設定が定まっていなかったんですよね。

それでも過去の「NEXT」や「ノウイング」に比べれば、
かなり良かったのですが・・・。

今年は多くの映画を観ましたが、やはり田舎の映画館がメインだったため、
普通の大作がメインになってしまったのが残念なところです。

来年は、もっと単館系の映画を観ようと思いますし、
そして3Dブームも本当に滅びて欲しいと強く願っております。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 山田ジョヴォビッチアワード2011

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/999

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29