図書館革命

| | コメント(0) | トラックバック(0)

図書館戦争」シリーズの最終巻「図書館革命」を読みました。

ストーリーは、
原発テロが発生した。
それを受け、著作の内容がテロに酷似しているとされた人気作家・当麻蔵人に、
身柄確保をもくろむ良化隊の影が迫る。
当麻を護るため、様々な策が講じられるが状況は悪化。
郁たち図書隊は一発逆転の秘策を打つことに。
しかし、その最中に堂上は重傷を負ってしまう。
堂上は郁に任務の遂行を託すのだった。

「図書館戦争」シリーズを締め括るのに相応しい面白さでした。

今までは短編集のような感じで色々なストーリーが楽しめたけれど、
この「図書館革命」は一冊丸ごと、緊迫したストーリーが楽しめました。

冒頭の原発テロからラストまで、緊迫感溢れる展開がテンポ良く続き、
読んでいて頭の中に映像がはっきりと浮かんでくる程でした。

そして物語の終り方も良かったですね。

どこかで「図書館戦争」が映画化されるというニュースを見たような気がするので、
多分、この「図書館革命」の話が映画化されるのではと睨んでますが、どうでしょう。

これで「図書館革命」も終了となりますが、
「別冊」があと2巻あるようなので、引き続き読みたいと思っています。

図書館革命

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 図書館革命

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1015

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29